清風会書道展

前回のブログの更新から、はや3カ月あまり。
この間、じっさい忙しかったこともあるけれど、パソコンの前に座ることよりも、楽しいことがあったから。

その一つが、書。

我が子が小学生のころから、およそ20年習い続けているお習字教室の展覧会が4月に開催されました。
ここ蓮田市に、昨年秋にようやく設立された文化会館、ハストピアのギャラリー。

新しいから、会場は真っ白できれい。



1704S-8196.jpg



案内のハガキや、この目録も私が印刷しました。それから展示会後に、しまうまプリントで冊子をつくり、それもとても好評でしたよ。




先生の作品。


1704S-3471.jpg


“香”は数年前にイタリアで展示をされた作品、コーヒーで書いたそうです。



皆さんの作品は、それぞれとても頑張って書かれていて、どの作品も暖かい感じがして、とてもよかったです。


私の作品は、百人一首をちらしました。


1704SE-3402.jpg



1704S-3402.jpg



“あさぼらけ ありあけのつきとみるまでに”  “よしののさとに ふれるしらゆき”
“あまのはら ふりさけみればかすがなる”  “みかさのやまに いでしつきかも”


このきりつぎの紙はとても高価なので、一枚で仕上げ。
その前の数か月間は、何度も何度も、限りなくこの和歌を書いていたので、臆することなく書くことができ、満足。




友人もきりつぎの綺麗な紙に百人一首を書き、屏風にちらしました。



1704S-3430.jpg



綺麗でしょ!


“伊勢大輔  いにしへのならのみやこの八重さくら 今日九重ににほひぬるかな”
“後徳大寺左大臣  ほとときすなきつるかたをなかむれは たた有明の月そのこれる”




我が夫も、彼女の旦那様も、一言、『読めねえ』

かなは、読めなくてもよいのです、ただ美しいと思えば。


我が夫は、この美しさも、わからないだろうなぁ。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する