スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペインへの旅 1

昨年12月から2か月、書展、謙慎展への出品作の制作が頭にどっかりと載っていました。
一昨日、ようやく提出し、小躍りしたいぐらいの解放感。

とはいえ、その間の保留にしていたことが溜まっているし、4月の書道教室展への出品作や準備やら、
やらねくてはいけないねぇ…のことが多々あります。

パソコン周りも乱雑さを極め、只今、少しずつ片づけています、がいつ終わるか…。
今日はCDを入れていたトレイ1個を片づけました。





昨年12月5日から13日まで、スペインへ行ってきました。
阪急交通社のお安いツアーです。

写真を整理しながら、旅の記録を綴ります。


今回の旅は羽田空港国際線ターミナルから出発。
いつも成田からだったので、見る物すべてが新鮮です。



1612S-0392.jpg





いつもながら、搭乗手続きから旅の始まり、ワクワクです。


1612S-0395.jpg





スーツケースを預け、身軽になり、昼食へ。出発は15:20なので、十分に時間がありました。

2010年に国際線ターミナルが開業したとのこと、お江戸を思わせる、外国人うけするような建物が目を引きます。



1612S-0397.jpg




1612S-0406.jpg






歌舞伎を思わせる看板。


1612S-0410.jpg



1612S-0408.jpg



お土産にどんなものを買うのかしら?




干支の人形。確かに福娘らしい。他の干支だったら、こうはいかないのも、多々あるかと。


1612S-0413.jpg





こんな酉も。


1612S-0414.jpg



ニワトリは可愛い。




時間があるので、せっかくだから展望デッキから飛行機を眺め。


1612S-0421.jpg




次男の希望で、イタリアンレストランでピザとスパゲッティを食べました。


1612S-0417.jpg





ドンキホーテを思わせるような雑多なお店で、SDカードを買い足し、こんなミニチュアを発見。


1612S-0422.jpg


出来はそれほどでもなかったけれど、『肉じゃがをつくりながらお帰りなさいと言ってくれたあの頃のお母さんを…』
このキャッチコピーは面白いと思いました。
出発前だったので、十分見れなかったけれど、どうもジョイフル本田幸手店に置いてあるらしいので今度ゆっくり見たいと思っています。



飛行機の清掃員。整列して、説明、注意などを受けてから、一斉に上がって行きました。ちゃんとしてる。


1612S-0424.jpg





ルフトハンザでフランクフルトまで。この飛行機に乗りました。


1612S-0430.jpg




今回の乗り換えは、時間が少なく、フランクフルト空港を早足で通過し、マドリッドへ。

2連泊したホテルの部屋です。


1612S-0446.jpg



マドリッド郊外のB&Bで、可もなく不可もなくといったホテルでした。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。