スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルトガルへの旅⑳

スペイン旅行後、毎日とても忙しく、追われるように年を越しました。

あけましておめでとうございます。

例年、今年は○○に、などという目標を立てることもなく、のらくらしていましたが、
めずらしく、今年は飛躍する年にしたい、積極的に生きていこうと思っています。

なので、このブログも積極的に更新していきたいと思っておりますので、
こんな怠けなブログに時々訪れて下さる方々、今年もどうぞよろしくお願いします。






ポルトガル旅行6日目、リスボンです。オプションでシントラ宮観光がありましたが、私たちは一日リスボンを自由に楽しみました。

前日に添乗員さんから、リスボンカードを売っているところに案内され、24時間地下鉄、バス、市電、ケーブルカー、エレベーターに乗り放題のカードを購入。これは便利でしたよ。



私たちが泊まったホテルは、地下鉄のカンポ・ベケーノ駅からすぐのところ、大きな闘牛場があり、地下はショッピングセンターになっていて、帰りに寄ってお買い物を楽しみました。



1605p_2809.jpg





地下鉄のゲート。日本とほぼ同じ。


1605p_2821.jpg





カンポ・ベケーノ駅です。壁には騎馬闘牛の騎士の姿が描かれていました。


1605p_2814.jpg





サンベント通りを散策しようということで、ラト駅まで乗車。



通りにはオシャレなレストランや、スイーツのお店も立ち並んでいましたが、まだオープン前でした。


ガイドマップに載っていたクアリ・スーパー。


1605p_2839.jpg



1605p_2837.jpg



これからまだまだ歩くのに、魚のパテの缶詰、お菓子、チーズなどを買ってウキウキしちゃいました。



こんなアンティークの物を売っているお店もありました。


1605p_2850.jpg





サンベント通りの端には国会議事堂があります。


1605p_2855.jpg





国会議事堂の近くから、市電28番に乗り、リスボン巡り。


1605p_2867.jpg





リスボンの市電は面白い。


1605p_2871.jpg





一日中乗っていても飽きないくらい、遊園地の乗り物のように、それ以上に楽しい。


1605p_2877.jpg




市電はけっこう揺れましたが、それもまた楽しみながら、何枚も何枚も写真を撮りました。

今また、こうして写真を見ながらブログを書いていると、その時の楽しさが蘇ります。



ウィンドウディスプレーもオシャレ。


1605p_2873.jpg




またポルトガルへ行きたくなります。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。