ポルトガルへの旅⑦

ワインセラーから専用バスで歴史地区へ戻り、エンリケ航海王子像の前でバスを降り、短時間でしたが自由行動。



1605P-1317.jpg


後ろの赤い建物は、フェレイラ・ボルゲス市場。




広場から少し西に移動すると、サン・フランシスコ教会。



1605P-1318.jpg



1605P-1323.jpg



教会内の装飾は見事だそうですが、私たちは中には入らず、川沿いの街並みを散策することにしました。




1605P-1333.jpg





船着き場。


1605P-1332.jpg




川沿いの建物は、1階がお店、上の階は住居になっているようでした。



1605P-1331.jpg



お店を見て回るのも、旅行の楽しみ。あっという間に自由時間は過ぎ、専用バスでホテルへ。



この日の夕食は自由にということだったので、ガイドブックやブログを調べて、添乗員さんに『カーザ・アレイショ』というレストランに予約を入れてもらいました。

ホテルでタクシーを呼んでもらい、お店に連れて行ってもらいました。



1605P-1346.jpg






店内。


1605P-1354.jpg





この乗りの良い方が、イベリコ豚を切ってくれました。


1605P-1350.jpg




このレストランは日本語のメニューも用意されているというので、安心していましたが、笑ってしまうメニューでした。

イベリアハムはどんぐりを与えました………€19,50
ドングリ(小さい部分)で飼育イベリアハム…€10,00

この値段の違いは量なのか、それともドングリの大きさなのか、どんぐりを与えた期間なのか?
さっぱりわからないけど、4人なので高い方を頼みました。



1605P-1359.jpg



4人でも十分な量、もちろん美味しかったです。




ミックスサラダ。


1605P-1356.jpg





それからこのお店の看板メニュー、タコライスとタコのてんぷら。とても美味しかったです。


1605P-1358.jpg


ポルトガルのタコはとても柔らかいです、添乗員さんのお話しでは、とにかくタコを叩くとのこと。なので、あのプリプリした食感はなくなり柔らかい。




このお店にはサングリアがあり、注文しました。


1605P-1363.jpg




友人のNさんはミントティーを注文。


1605P-1365.jpg


すっきりとした味わいで、美味しく、飲みやすかったです。


お腹いっぱいになり、レストランでタクシーを呼んでもらいホテルに帰りました。
ポルトガルはタクシー料金も安くて、とても得した気分。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する