モロッコへの旅⑮

モロッコ6日目、朝食後は専用バスで、モロッコのグランドキャニオンとよばれるトドラ渓谷へ、約146㎞の旅です。

途中、地下水道溝(カッターラ)を案内されました。


1509M-8153.jpg



穴です。今は使われていないそうで、水は枯れていました。

カッターラは1200年以上前からある灌漑システムで、何キロも先のアトラス山脈の水を地下に掘った水道溝でつなぎ、この乾燥した土地で水を確保していました。

このたて穴は地下に水道溝を掘る時に出来たもので、その後も溝の補修管理のために使われていて、そのまま。


写真の中央、土が盛り上がっている小山が等間隔で並んでいます。この土山の下に水が流れていました。


1509M-8188.jpg



延々と土山が続いています、長いものだと200kmにもなるとか。すごいものです、庭のモグラの穴を思い出しました。




横に連なっているのは、砂除けの柵。



1509M-8178.jpg





小さな村の近くで、ロバに乗ったご婦人を発見。


1509M-8150.jpg


買い物に行くところなのかな。





トイレ休憩に寄ったレストランには、バイクが何台も止まっていました。


1509M-8215.jpg


バイク好きだったら、このモロッコの大地を走るのは最高に気持ち良いものだろうと思います。




1509M-8233.jpg






途中、トドラ川沿いに広がるオアシスを、眺めの良い所で。


1509M-8259.jpg





1509M-8257.jpg


中央に流れる川は見えませんが、畑とナツメヤシの木が川を中心にして広がっています。




日干し煉瓦でつくられたカスバ。


1509M-8248.jpg



日干し煉瓦は雨に弱く、所々崩れています。

私からしてみると、よく日干し煉瓦でこのように巨大な建築物をつくりあげたものだと感心です。




いま、人々はちゃんとした煉瓦を積み上げて、漆喰を塗って、雨に強い家をつくっています。


1509M-8265.jpg


造りかけの家がたくさんありました。男性は都会に出稼ぎに行き、お金を貯めて1階をつくり、また出稼ぎに行きお金を貯めて2階をつくるという家の建て方をするそうです。



サハラ砂漠の入り口のエルフードから北西に位置するエルラシディアから、この日の宿泊地ワルザザードを結ぶ東西のルートをカスバ街道とよんでいます。

カスバとは城壁で囲まれた要塞のこと、この街道沿いには、日干し煉瓦でつくられた大小のカスバが多く残っています。
昔はラクダのキャラバン隊が行く、重要な通商路だったそうです。



この日の昼食は、カスバ街道沿いのホテルのレストランで。



1509M-8289.jpg


モロッコでは、このパンがよくでてきました。素朴でおいしかったです。




1509M-8295.jpg




メインディッシュは、キョフテタジン、キョフテは肉団子のことだそうです。卵も目玉焼きのようにポンポン落としてあって、それも美味しかったです。


1509M-8300.jpg




ミントティ。


1509M-8299.jpg


食後の清涼感がいいものです。我が家の庭にもミントを植えようかと思いました。




レストランの脇にはブーゲンビリアが自生していました。


1509M-8319.jpg





再びバスに乗り、トドラ渓谷へ。


1509M-8346.jpg





渓谷の間には清流があり、簡単な橋が渡してありました。



1509M-8409.jpg





川の向こうにはホテル。



1509M-8378.jpg





ここはロッククライミングの名所。


1509M-8349.jpg



この日も上っている方がいらっしゃいました。

すごいなぁとは思うけれど、やってみたいとは思わない。
この景観を眺めるだけで満足です。


あのホテルは、ロッククライミングをやる人たちが便利に泊まるホテルなのでしょうね。



1509M-8396.jpg





トドラ渓谷から、この日の宿泊地ワルザザードまでは約170㎞。



途中の景色です。何という橋なのかな。


1509M-8502.jpg




カスバの中の様子が伺われました。


1509M-8527.jpg





途中、バラ製品店へ案内されました。


1509M-8578.jpg


ここで、バラの幸水と小さな置物を買いました。

ツアーで行った先の自分へのお土産は、楽しい思い出と共に、飾っています。
それもだいぶゴチャゴチャしてきたので、整理しなければと思っています。
その時には、マクロレンズで撮影をと思っています。なかなかできないのですが。




夕暮れ。


1509M-8642.jpg




少し暗くなってからホテルに到着。


1509M-8669.jpg




このホテルもなかなかオシャレでした。

部屋は広くなかったけれど、


1509M-8676.jpg




ベッドサイドのランプは素朴でいい感じでした。


1509M-8687.jpg




このホテルはお庭もおしゃれでした、それはまた次回。











スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/16 (Wed) 09:55 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する