モロッコへの旅⑬



モロッコの空は広い。


1509M-7351.jpg




1509M-7380.jpg




こんな光景が延々と続いたけど、あらためて写真を見ていると、またこの光景を見にもう一度モロッコへ行ってみたくなります。


1509M-7369.jpg




モロッコ5日目のランチは、ミデルトのカスバ風のレストランで。

ミデルトはベルベル語で「真ん中」を意味するそうです。その名の通り、メクネスやフェズという都市部とエルフード(砂漠地帯)の中間に位置する町です。


1509M-7481.jpg



1509M-7515.jpg




食卓のナプキンもちょっとおしゃれ。


1509M-7490.jpg




ニジマスのホイル焼き。


1509M-7494.jpg


天然のニジマスとのことで、臭みもなくとてもおいしかったです。




デザートのケーキ。


1509M-7502.jpg




レストランの内装はゴージャス。


1509M-7506.jpg




そして窓から素敵な中庭も眺めることができました。


1509M-7508.jpg




この緑の中庭を維持していることは、いかに贅沢な事かと思ってしまいます。

昼食後はエルフードへ、約255㎞の長旅です。




途中のズィズ渓谷。


1509M-7547.jpg





ズィズ川です。高アトラスからの雪解け水が川となり1200km先のアルジェリアまで流れているそうです。


1509M-7548.jpg





しばらく走ると、青い湖がみえてきました。ダムだそうです。


1509M-7568.jpg


前国王のハッサン2世は数多くのダムを建設したそうです。




途中、ドライブインでトイレ休憩。


ミントティ用の小さめのグラスを発見。


1509M-7576.jpg


ちょっと買いたくなりましたが、きっと自宅ではあまり使わないと思い、写真のみ、パチリ。



それからこんな面白いものも発見。


1509M-7578.jpg




ふたたびバスに乗り、またしばらく走り、ズィズ川のオアシス。高台からの眺めです。


1509M-7631.jpg




川沿いに延々とナツメヤシと家が続き、川は見えません。


1509M-7635.jpg



砂漠のオアシスというイメージを一新させられました。




高台から下り、オアシスの近くはこんな感じに樹木が茂っていました。


1509M-7622.jpg




1509M-7618.jpg





エルフード近郊の、化石のお店に案内されました。



1509M-7700.jpg




モロッコは、世界的に有名な化石産地だそうです。



化石を庭の池用に加工したもの。真ん中に小さな噴水をセットするのかな。


1509M-7689.jpg





化石のテーブル、アンモナイトの断面がアクセントになっています。


1509M-7693.jpg





三葉虫の化石。


1509M-7686.jpg



子どもの頃、三葉虫の化石に憧れましたが、いま見ると美しくないので、見るだけで。

年配の男性がお孫さんへのお土産に小さめの三葉虫の化石を買っていました。虫好きの子どもにだったら大喜びのお土産だと思いました。



日が暮れる頃、エルフードのホテル、サラームに到着。


1509M-7703.jpg




ロビーには小さな噴水まであり、なかなかオシャレ。


1509M-7704.jpg




中庭にはプールも。


1509M-7710.jpg




部屋は狭かったけれど、小奇麗でしたよ。


1509M-7706.jpg




この日の夕食はバイキング。


1509M-7713.jpg




フロアの一角には素敵なソファーが。


1509M-7715.jpg



モロッコの素敵な色彩に何度となく感心させられました。


すぐ近くでウェディングパーティがあり、見に行くと、大勢の若者が太鼓をたたきながら踊っていました。
私達は少し見てホテルに戻りましたが、夜遅くまで賑やかな音が聞こえていました。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する