スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モロッコへの旅③


ハッサン2世モスク。
ムハンマド5世の子で前国王のハッサン2世の発案で、1986年から8年がかりで1993年に完成した、モロッコ最大、世界で7番目に大きいモスク。


1509M-5494.jpg


ちなみに世界最大のモスクは、アラブ首長国連邦の首都アブダビにあるそうです。



ミナレットの高さは200mで、世界最高です。


1509M-5497.jpg


3つの玉は、現世、来世、神の世を表しているそうです。




モスク内部には2万5000人が収容可能。


1509M-5540.jpg




9ヘクタールの敷地には8万人が収容可能。


1509M-5562.jpg


ラマダン中には約10万5000足の靴が集まるというモスクです。



設計はフランス人のミッシェル・パンソー。モロッコ全土から職人と芸術家約1000人を動員し、材料のほとんども国内から集められ、美しく緻密な幾何学模様が彫られています。



1509M-5577.jpg



今回のツアーでは中に入れませんでしたが、中は現代に建てられたモスクなので、床暖房、自動ドア、スライドの屋根などが備え付けられているそうです。



コーランの一説「神の座は大水の上にある」より、ハッサン2世の「海の上にモスクを造りたい」という願いから、大西洋に突き出た形で建てられています。


1509M-5571.jpg



海側から見ると本当に海の上にモスクが建っているように見えるそうです。




併設されている神学校。


1509M-5561.jpg



これらのすべては国民の寄付金と税金で建てられたそうです、すごいですね。




ふたたびバスに乗り、ラバトへ。

ホテル、ヘルナンシェラー。


1509M-5601.jpg



このホテルに宿泊しました。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。