スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀座と上野

先日、何年振りかで銀座へ行きました。

銀座松屋でターシャ・テューダー展を見るためです。


有楽町で下車し、松屋さんまで歩いていく途中、ユニクロがあったので、銀座のユニクロはどうなのかしらと立ち寄りました。
やはり素敵な感じで、お気に入りのTシャツを発見、ゲットしました。


ターシャ展では、日々愛用していた食器やガーデニンググッズ、手作り人形などと、たくさんの原画が展示されていました。
私は原画に感動、素晴らしかったです。

会場の出口には、ターシャさんのお庭が再現されていて、そこは撮影OKでした。


150323G-2068.jpg



室内に作られた庭の花々はあまりよく撮れません。

150323G-2078.jpg



やはり、太陽の光が花を輝かせるのでしょうね。



銀座には素敵なビルがたくさんあって、楽しいのです。


150323G-2064.jpg




150323G-2084.jpg




150323G-2085.jpg


外国の観光客の方々が、銀座のビルの写真を撮っていることをテレビで報じていましたが、納得です。

もっとゆっくりとビルを見たかったけれど、お腹もすいたので昼食。


煉瓦亭でランチ。



元祖オムライス。


150323G-2086.jpg



もちろん美味しかったです。



それから上野へ行き、国立博物館へ。



150323G-2088.jpg



インドの仏展。

とてもよかったです。日本の仏像は洗練された美しさですが、インドの仏は息づいているような感じがして、ギリシャ、アテネの彫刻を思い出させます。



この国立博物館の表慶館は、明治33年(1900)、皇太子(後の大正天皇)のご成婚を記念して計画され、明治42年(1909)に開館した、日本ではじめての本格的な美術館。

私は入ったのは初めて、洋館、外国に行ったようです。曲線を描く階段に円天井。




私は建物の前にあるライオンの像が大好き。若き獅子。


150323G-2090.jpg




150323G-2089.jpg




向かって右側は口を開けて前方を睨み、左は口を閉じて顔をわずかに内側に向けて、寺院の門に立つ仁王像のように阿吽(あうん)を表現しているそうです。
















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。