スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャの旅⑫

アラホバの町からアテネへ行く途中、世界遺産のオシオスルーカス修道院に立ち寄りました。



1412G-0200.jpg





紀元後10世紀にこの地で世を去った隠修士ルーカスの墓の上に建てられた修道院。


1412G-0204.jpg



入口。


1412G-0205.jpg



この修道院はモザイク画で有名。入口のモザイク画も綺麗です。


1412G-0207.jpg




中に入ると、中庭を囲むように建物が建てられています。このプラタナスの老木は樹齢400年を数えるとか。


1412G-0209.jpg



1412G-0224.jpg





一般公開されている時間は、修道士さんたちは出歩かないようにしているのか、修道院内に人影はなく、自由に出入りできるので、あちこちで写真を撮ることが出来ました。



1412G-0213.jpg





1412G-0218.jpg




昔の壁を飾っていたレリーフが展示されていました。


1412G-0217.jpg



1412G-0219.jpg



1412G-0220.jpg





9世紀に修道僧のルーカスがこの地で修業をしていたが、いくつかの奇跡を起こし、お参りにくる人が多かった。彼の死後も墓参りをした人に奇跡が起こり、多くの人が集まるようになり彼の墓の上に教会をたてたとのこと。




1412G-0223.jpg






11世紀にはルーカスの不朽体から香油が出るとされて一大巡礼地となり、当時ビザンチンの芸術的なモザイがこの教会の装飾につかわれ、今もきれいに残っています。



1412G-0233.jpg




1412G-0232.jpg





1412G-0229.jpg




モザイク画なので、フレスコ画よりもきれいな状態が保たれています。




1412G-0249.jpg




1412G-0246.jpg



1412G-0254.jpg



こういう宗教画を見ると、いつも聖書に精通していれば、これらの人物が解るのにと思うのですが、キリスト教徒ではないので、調べるだけの情熱がなくて。



でも、これはイエスキリストとマリア様だと思います。


1412G-0243.jpg





1412G-0260.jpg



ルーカス様。


1412G-0281.jpg



中に数か所、礼拝するところがありました。


1412G-0262.jpg




1412G-0266.jpg




1412G-0272.jpg




1412G-0276.jpg




こちらの建物の中にも入ってみました。



1412G-0282.jpg




1412G-0287.jpg




1412G-0284.jpg





1412G-0291.jpg




1412G-0293.jpg




とても立派できれいな修道院でした。世界遺産なのですが、ネットで調べても、それほど詳しい情報はなくて。ギリシャ語や英語が堪能ならば、もっと詳しく調べられるのですが。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。