気仙沼へ家族旅行⑤

家族旅行最終日は、気仙沼のお魚屋さんでカツオとホヤを買い、発泡スチロールの箱にたくさんの氷を入れてもらい車に積み込み、それから内陸に向い、岩手県平泉の中尊寺へ。


中尊寺の表参道。道の両側には、樹齢300~400年ほどの杉の並木が続きます。


2014keDSC_7812 (3)


8月夏休み最後の連休だからでしょう、駐車場もいっぱいで駐車に時間がかかるぐらい結構な人出で賑わっていました。


中尊寺は嘉祥3年(850)、比叡山の高僧円仁によって開山されたといわれています。その後、12世紀のはじめに奥州藤原氏初代清衡公によって大規模な堂塔の造営が行われました。

11世紀後半に東北地方で続いた戦乱(前九年・後三年合戦)で亡くなった生きとし生けるものの霊を敵味方の別なく慰め、「みちのく」といわれ辺境とされた東北地方に、仏国土(仏の教えによる平和な理想社会)を建設するというもの。

はじめに白河関(福島県)から外浜(青森県)にいたるまで一町ごとに笠卒都婆と呼ばれる供養塔を建て、その中心にある関山に一基の塔を建てたといわれます。



月見坂の途中にある弁慶堂。


2014keDSC_7812 (4)



中尊寺は源義経ゆかりのお寺。

義経は16歳から22歳まで、奥州藤原氏の元で過ごし、兄頼朝の挙兵に呼応して鎌倉に馳せ参じ、平氏との戦いの最大の功労者となった。しかし、断りもなく官位を受けた事で兄の怒りを買った義経は、吉野に身を隠した後、伊勢、美濃を経由し、最終的に奥州藤原秀衡を頼り、平泉まで逃げてくる。しかし、秀衡が10月に病没、後を継いだ泰衡は結局頼朝の圧力に屈し、義経を急襲、義経は妻子共に命を落とす。

最期の場面でも義経の供をしていたのが、武蔵坊弁慶。義経と共に衣川で最期を迎えた。体に矢を幾本も受けながらも最後の最後まで主人を守ろうとした弁慶の立ち往生として有名。その弁慶の名が冠せられた弁慶堂。



2014keDSC_7812 (5)




1826年(文政9年)の再建。火伏の神として本尊勝軍地蔵菩薩を祀り、傍らに義経と弁慶の木像が安置されています。
ふと見たBS歴史館では、弁慶は実在しなかったかもしれないと言っていましたが、義経弁慶は日本人が大好きなお話。


境内には他にもたくさんのお堂があり、こちらは八幡堂。


2014keDSC_7812 (1)



天喜5年(1057年)、その当時、鎮守府将軍と呼ばれた源頼義とその子供の義家が安倍氏を討つために、ここ中尊寺で勝利祈願をしました。そのために建てられたのが八幡堂といわれています。




境内にはもみじも多く植えられていました。秋の紅葉もさぞや美しいでしょうね。


2014keDSC_7812 (6)




本堂の前。お線香をあげ、体や頭に煙を手で掛けて無病息災を願い、本堂へ向い参拝。


2014keDSC_7812 (7)




大日堂。その名の通り、祀られているのは日本密教の最高神とされる大日如来。


2014keDSC_7812 (8)




そしてこの建物の中に金色堂がありました。中は撮影禁止でした。


2014keDSC_7812 (9)


とてもとても美しい小さなお堂。藤原氏初代清衡公によって上棟された、中尊寺創建当初の姿を今に伝える建造物、当時の工芸技術が集約された御堂です。
須弥檀の中心は阿弥陀如来、両脇に観音勢至菩薩、六体の地蔵菩薩、持国天、増長天を従えています。

私はもっと金綺羅なのかと思っていましたが、しっとりとして、とても上品な輝きで、本当に美しかったです。修理されているからか、そんなに古いものとはとても思えないほどでした。


平泉は初代清衡公からおよそ100年近くにわたって繁栄しましたが、四代泰衡公は頼朝に攻められ、文治5年(1189)奥州藤原氏は滅亡。秋風と、音もなく降りしきる雨の中、灰となった町には人影すらなかったと『吾妻鏡』は伝えています。


鎌倉時代以降、大きな庇護者をうしなった中尊寺は次第に衰退しましたが、金色堂は幕府により覆堂を造立され保護されました。

建武4年(1337)の火災で惜しいことに多くの堂塔、宝物を焼失しましたが、江戸時代には平泉は伊達藩領となり、歴代の伊達公は寺の収入を安堵し、堂社を修理するなど中尊寺をあつく保護します。

現在参道ぞいに立ち並ぶ樹齢350年の老杉も伊達藩によって植樹されたものです。山内に点在する堂の多くもこの時代に建立されたそうです。



参拝後、東北自動車道で家路に。

車の中で、お疲れモードの小巻。


2014keDSC_7812 (2)




道路は空いていて、思ったよりも早く家に到着。
気仙沼で買ったカツオとホヤ、とっても美味しくいただきました。


そうそう、この旅の間、小巻はドッグフードをほとんど食べず、少し痩せてダイエット成功!




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する