気仙沼へ家族旅行③

気仙沼から車で海岸沿いを北上。

海の側の平地は、津波の被害にあったところで、今は瓦礫が片づけられいる状態。

2014kDSC_7615 (2)


自然の力というのは、とてつもなく大きいもので、人は風に巻き上げられるビニールのように、あっけなく全てを失ってしまうものだと感じ入ります。



そして、また新たに盛り土の工事をしています。


2014kDSC_7615 (7)


こんな光景をあちこちで見ました。



この鉄筋コンクリートの建物は、倒壊しなかったけれども、4階まで海水につかり、いまは誰も住んでいない様子。4階までのベランダなどの金属が曲がった様子を見ると、すさまじさを実感。


2014kDSC_7615 (8)





とはいえ、この日は、お天気がよくて、暑いくらい。


2014kDSC_7615 (3)




海は穏やかで、美しかった。


2014kDSC_7615 (4)



学生時代に、この港町に住んでいて、この海でよく泳ぎました。


2014kDSC_7615 (5)


懐かしかったけれど、様変わりしてしまって、住んでいた下宿は見つからなかった。



再び気仙沼に戻り、漁港、気仙沼湾です。


2014kDSC_7615 (9)



ここも土盛りしています。


2014kDSC_7615 (10)



ずいぶん昔、とっても美味しい居酒屋さんに連れて行ってもらったことがあります。どこだったのか、見当もつきません。



この日の昼食は、小巻が一緒なので、テイクアウトできるもの。ということで、MOSバーガー。


2014kDSC_7615 (1)


ここらへんは、海岸から内陸に入ったところなので、津波の被害は免れています。


ドライブスルーで注文し、岩井崎海中公園へ。


2014kDSC_7615 (11)



木陰でバーガーを食べて、しばらくゆっくりと海を楽しみました。


松林に囲まれた美しい岬。


お相撲さんの像がありました。


2014kDSC_7615 (12)


江戸時代に活躍した郷土出身の横綱・第9代秀の山雷五郎の銅像。歴代横綱で最も背の低い力士であったにもかかわらず、幕内通算成績は 112勝21敗で、6回優勝した名横綱だそうです。




この日、海はとても穏やかでした。海水浴をしたくなりました。


2014kDSC_7615 (14)



小巻は海で泳ぐのかなと思いましたが、海水をがぶがぶ飲み始めたので、退散。


2014kDSC_7615 (13)



2014kDSC_7615 (15)




地元の方なのでしょうか、連凧を上げ始めました。


2014kDSC_7615 (16)



青空に映えて、とてもきれいでした。


2014kDSC_7615 (20)



松がいい感じ。



2014kDSC_7615 (18)



2014kDSC_7615 (17)




それからここには、塩づくり体験館があって、塩づくりをしていました。


2014kDSC_7615 (19)



建物の前、右端にあるのは、ほやぼうや君。ご当地のゆるきゃらで、可愛かったですよ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する