スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスの旅⑩ 食虫植物

チェルシーのフラワーショーで、私が最高に感動したのは、このブース。


1405eDSC_4557 (19)


食虫植物です。

私は子供の頃、この不思議な植物に心惹かれ、モウセンゴケを買いましたが、育てられず。これらの植物は湿地に生息するため、適度な温度と湿度を保たねばならず、たまに温室でみかけますが、こんなに美しいのは初めて見ました。

心の中の指針がマックス状態になりました。


1405eDSC_4557 (14)


1405eDSC_4557 (15)



海の中のウミウシが海から上がって植物になったよう。


1405eDSC_4557 (16)



大きく口を開けて、コーラスしているみたい。


1405eDSC_4557 (18)



1405eDSC_4557 (17)



このピンクのモシャモシャも美しかった。小蝿取りにもってこいです。


1405eDSC_4557 (20)



このブースには制作者と思われる、八嶋智人さんとジョニー・ディップさんを足して2で割ったような、イギリス人にしては小柄な方が、うれしそうな満足げな様子で立っていらっしゃいました。


美しい海の底にいるような、そんな素敵な感覚のブース、もう一度、見てみたいです。



スポンサーサイト

コメント

すごくきれいですね、食中植物は大好物でなんども失敗してはあきらめきれずに
アリなどを強制給餌してたけどだめでした。さすがイギリスのガーデニング。
写真が素敵ね。

2014/06/27 (Fri) 19:55 | wish810 #- | URL | 編集

このブースは本当に美しかったの。
来年のフラワーショーにも出品されるのかしら。
これが見られるのだったら、もう一度イギリスへ行きたいくらい。
ロンドンフリータイムのお安いツアーで、wishさんも一緒に行く?


2014/06/28 (Sat) 07:07 | すずあき #NqNw5XB. | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。