沖縄⑦

沖縄最終日、昼ごろのフライトで帰宅予定なので、早めにチェックアウトし、モノレールに乗り首里城へ。


守礼門。


DSC_1079.jpg



歓会門。


DSC_1094.jpg



首里城の創建は13世紀末から14世紀中ごろ、琉球は明治維新まで独立した王国だった。明や清の干渉、薩摩藩の支配を受けながらも、独自の文化をつくりあげていた。



DSC_1098.jpg


DSC_1103.jpg



1945年の沖縄戦で全焼したが、18世紀以降の形をモデルに1992年に復元、2000年に世界遺産に登録された。

正殿。


DSC_1131.jpg


首里城は王様の居城、お役所、そして聖域という。風水に基づいた城、穴という大地のエネルギーが噴き出る場所に建てられているそうです。



竜は中国では皇帝のシンボルとして扱われていましたが、琉球王国も同様。


DSC_1147.jpg



ジオラマが飾られていました。


DSC_1184.jpg




DSC_1198.jpg




唐破風妻飾。獅子と竜の装飾です。


DSC_1215.jpg



大龍柱。柱に見立てた龍の彫刻は琉球独自のもの。


DSC_1221.jpg






DSC_1233.jpg




西のアザナ。標高約130mの城郭の西側に築かれた物見台で、那覇の町や那覇港の様子が一望できます。


DSC_1246.jpg



首里城見学後は、ふたたびモノレールに乗り、那覇空港へ。


DSC_1257.jpg


沖縄のモノレールは、ゆいレールというそうです。2両しかなくて、くねくね曲がりながら走る、遊園地の芋虫電車のよう、スイカが使えないのがちょっと不便でした。



那覇空港は晴天。


DSC_1273.jpg



今回はツアーではなく、フリータイムの旅、楽しい旅でした。旅の情報誌、るるぶ沖縄ドライブ‘14がとても役立ちました。


今度はどこへ行けるかなぁ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する