スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一水展

昨日、大崎のギャラリーで開催されている「一水展」を見に行きました。

私の書の先生の先生、師田先生が主催されている会の書展。


DSC_8532.jpg


たくさんの素晴らしい作品を鑑賞しました。


特に今回、心惹かれたのは師田先生が扇に書かれた作品。


DSC_8556.jpg

かささぎの 渡せるはしに おく霜の 白きをみれば 夜ぞふけにける



DSC_8558.jpg

大江千里  月みれば ちちじものこそ 悲しけれ わが身ひとつの 秋にはあらねど



DSC_8564.jpg

花の色は うつりにけりな いたずらに わがみよにふる ながめしまに

わたのはら やそじまかけて こぎいでぬと 人にはつげよ あまのつりふね



DSC_8567.jpg

紫式部  めぐりあい みしやそれとも わかぬまに 雲かくれにし よはの月かげ



DSC_8568.jpg

こぬ人を まつほのうらの 夕なぎに やくやもしほの みもこがれつつ


DSC_8570.jpg

はなのいろは うつりにけりな いたつらに わがみよにふる ながめせしまに


DSC_8571.jpg

わたのはら やそじまかけて こぎいでぬと 人にはつげよ あまのつりふね


ため息がでるほどの美しさでした。


他にも美しい作品をたくさん見ることができ、本当に皆さん頑張っていらっしゃると感じられ、自分の励みにもなりました。



スポンサーサイト

コメント

きれいですね、すずあきさんもこんなの書くのかと想像いたしましたです。
ご縁が無い世界だけれど見せていただいてありがとう
説明がなければ残念ながら判読不能でありました。
やっぱり奥がふかそう。がんばってください。

2013/05/27 (Mon) 15:01 | peramama #- | URL | 編集

peramamaさんへ
これほど美しくは書けません。
師田先生が富士山の頂上とすれば、私はせいぜい一合目から二合目ぐらい、奥の深さに感じ入っています。

でも去年よりも上手に書けるようになり、うれしくなり、またさらに上手に書けるようにと願いながらも、なかなか上手にならない自分にじれたりです。修行がたりませぬ。

2013/05/28 (Tue) 06:54 | すずあき #NqNw5XB. | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。