スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の紅葉② 西本願寺

今日も寒さが厳しい。まだ体が寒さに慣れていないから、よけいに寒く感じるのかしら。

ブログは昨日の続き、京都の紅葉です。


東寺の拝観の後、西本願寺へ行きました。
イチョウがみごとに色づいていました。


DSC_5837.jpg


DSC_5848.jpg



阿弥陀堂門。


DSC_5856.jpg



お堂の中では読経が行われていました。


DSC_5874.jpg


阿弥陀堂に隣接して同じこしらえの御影堂があり、親鸞聖人像が安置されています。御影堂は阿弥陀堂よりも少し大きく造られています。寛永13年(1636年)に建立され、寛政12年(1800年)と平成(1999年 - 2008年)に2回の大修復を経ています。



国宝の唐門。


DSC_5886.jpg



桃山文化を代表する建造物。


DSC_5909.jpg



日光東照宮のようです。


DSC_5911.jpg



日光東照宮は日本のバロック、バロックは壮大な構想と細部にわたる過剰な装飾が特徴だといわれます。


DSC_5916.jpg


若いころ、このようなものは、コテコテしすぎて嫌いでしたが、このごろはいいものを見せていただいたと感じ入ります。古人の美意識に感服します。



唐門から正面の書院にも、躍動感があるみごとな彫がほどこされていました。


DSC_5927.jpg



西本願寺には、金閣、銀閣と並んで「京の三閣」と呼ばれる飛雲閣があり、見学したいと思っていましたが、ガイドブックをしっかりと読まず、要予約というのを知らずに残念でした。

また京都へ行く際には、ぜひ予約を入れて、飛雲閣とお庭を拝見したい。次に京都へ行く楽しみが一つ増えました。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。