北京への旅⑬


北京への旅のブログの最終回。


恭王府の見学の後、バスの停車場までの道すがらの光景。


DSC_4366.jpg


すごいでしょ、片側5車線の道路が真っ直ぐに、見える限り真っ直ぐにはしっています。




そして庶民の暮らす街角は、こんな感じ。


DSC_4376.jpg



中国は高度成長したけれど、10%の人が超金持ちになり、90%の人は以前のまま。そして日本のバブルのような景気。バブルははじけたという日本の歴史を参考にすればいいのに、成功した人は自分はそんな間抜けじゃないと思っているのかね。


北京旅行最後の晩は、京劇を観劇。

劇場には面白い面がたくさん飾られていました。


DSC_4393.jpg


DSC_4407.jpg


舞台の前の方は、ビップ席のようで、私たちの席はかなり後ろの方でした。
でも、今回持参した望遠レンズの性能で、結構アップの写真が撮れて満足。


劇が始まる前、観客へのサービスなのでしょう、舞台の上では出演の支度をする様子を見せていました。


DSC_4418.jpg


開演されて登場した姿は。


DSC_4442.jpg


ちょっと、おでちゃんに似ています。



次の演目は、泥棒とそれを退治する人。黒服が泥棒です。


DSC_4513.jpg


暗闇という設定らしく、コミカルなしぐさが楽しい演目でした。


この演目のストーリーはよく解らなかったけれど、この頭の飾りには、カミキリムシが連想されました。


DSC_4549.jpg



ラストは美しい姫の登場。


DSC_4569.jpg




翌日の朝早く空港へ。


DSC_4610.jpg


楽しい旅でした。

約2ヶ月経って、ようやく写真の整理とブログへのアップ。もう少し早くと思いながら、まあ私らしいか、な。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する