スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京への旅④

いやー、仕事がきつくて、北京へ行く前も頑張り続けで疲れがたまり、旅行から帰ってきてまた連日の仕事で大変で、9日の晩に久しぶりに熱を出しました。体中が痛くて、寝ていてもexcelの表が脳裏に焼き付いていて、ぐっすりと眠れなくて、辛かった。

ようやく治ってきました。もう、大丈夫。



北京の旅の続き、今回の旅行の一番の目玉、万里の長城です。


DSC_3174.jpg



とてもよいお天気。それに、今回の旅の最終日は暑かったのですが、この日はちょうどよい気温でした。

塀が大きく左右に広がる地点が観光のスタート地点。右が女坂、左が男坂というそうで、男坂は名前からして登りがキツそう、なので女坂へ。


DSC_3176.jpg



たくさんの人々、そして結構な急こう配。無理せず、途中で休み休み。


ゴールはこの第4ポイント。無理かもしれないと思ったけれど、何とかいけそうなので、頑張りました。


DSC_3193.jpg



塀の補修の石を、お馬さんが山道を登って運んでいました。


DSC_3197.jpg



第4ポイントに着き、その先を眺めると、さらに延々と続く万里の長城。


DSC_3202.jpg



あんなところまで歩いている人々がたくさんいるのに感心し、私たちは集合時間に間に合わなくなると大変なので、引き返しました。



女坂の途中から見た、男坂。あっちの方が人が少なくて良かったかもしれない。


DSC_3228.jpg



長年、人が歩いたからか、階段の石は凹んでいたり、段差はまちまちだったりで、歩きにくかった。


2012C_3231.jpg



DSC_3248.jpg



もう少し時間が欲しかったけれど、ツアーなので、しかたありません。でも、お天気が良くて写真がいっぱい撮れたのでよかったわ。


北京に向かうバスの中、ここも万里の長城の人気コースとのガイドさんの説明。


DSC_3279.jpg


すぐ傍に五つ星のホテルが建てられ、ここは前日に宿泊し、当日の朝から4時間以上かけてゆっくりと散策するとか。いいなぁと思いました。

やはり万里の長城は素晴らしく、機会があったらもう一度、ゆっくりと訪れたいと思いました。

スポンサーサイト

コメント

万里の長城ってすてきですね。お写真が全部絵はがきみたいにきれいです。一緒につれていってもらった気がいたしました。(疲れないしねすごくよい。)若くないから無理しないでくださいまし。

2012/06/13 (Wed) 08:46 | peramama #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。