さいたま水族館 『世界のカエル展』

埼玉の羽生にあるさいたま水族館では、夏休みの企画で『世界のカエル展』を今月いっぱいまで開催しています。

もっと早く行きたかったのですが、いろいろあって、ようやく昨日、カメラを持っていそいそと出かけました。

さいたま水族館は、羽生水郷公園の一角にあります。


DSC8766.jpg


さいたま水族館には近隣の小学校の遠足で利用されることが多く、以前は何もないところに水族館がぽつんと建っていたのに、公園も整備されるようになりました。今度、小巻とおでちゃんと一緒に来て、公園を散策しよう。


水族館入口の看板。


DSC_8768.jpg


夏休みという事で平日でしたが、なかなかの人出。

入口入ってすぐには、お土産物が雑多に売っていました。しょうもないものばかり、100円ショップの方がずっとまし、これはもっと工夫しないとダメですねぇ。


さて、カエル展。

入ってすぐは、ニホンアマガエル。庭でよく見かけるカエルですが、この水槽のはとっても小さいのばかり、体長1センチ~2センチほど。カエルになりたてといったところでしょうか。


DSC_8790.jpg


水槽の壁面にぺったりと、アマガエルは腹まで吸盤のようにくっつくのね。

いま、このニホンアマガエルが絶滅危惧種となったとニュースで聞きました。そういえば、庭でも見ることが少なくなったような。


次は、ヌマガエル

DSC_8804.jpg


本州以西に広く分布しているそうです。


DSC_8811.jpg


このカエルは人懐っこいのでしょうか、目の前でたくさん動き回ってくれました。


DSC_8831.jpg


次はツチガエル。体がいぼで被われているため、イボガエルともよばれるそうです。


2011SC_8858.jpg




イボガエルにさわるとイボができる」というのは誤った俗説ですが、有毒なのでさわらない方がいいそうです。

カエルは体が乾かないように粘液を出していて、粘液に毒成分があるそうです。犬がカエルを見つけておもちゃにするとえらい目にあうそうですよ。



水槽の中の水をきれいにする装置だと思うのですが、その上に陣取っているイボガエル。


DSC_8862.jpg


続きは次回に。


スポンサーサイト

コメント

これが!世界のカエル展ですね!

すずあきさんがカエル展に行くと聞いてから、そわそわとブログに寄ってみたりしておりました。(笑)
あぁ、ニホンアマガエル~!こっち向いて~~な、かぶだよしです。でも、お腹側からみたアマガエル君の収縮しやすそうで収納しやすそうな足の作りが可愛くも機能美に溢れ美しいですね。
それから、なんですか~!このおでさんソックリなイボガエルは!(爆)小巻ちゃんにも似ている写真もあり、楽しいです。しかし、安易にカエルには触らないようにしようと思いました。
次回も期待してお待ち申し上げておりもす。

2011/08/26 (Fri) 14:14 | かぶだよし #LWIOhipc | URL | 編集
かぶだよしさんへ

カエルは工芸品などにもデザインされているのをよく見ますが、納得です。
あの形や表情が実に可愛くていいですね。
写真をたくさん撮ってきたので、またアップします。見てね。

2011/08/27 (Sat) 06:28 | すずあき #NqNw5XB. | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する