スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコへの旅⑩

旅行6日目の朝です。

洞窟ホテルはそれまで泊まったホテルに比べると小規模なので、レストランもそれほど広くありません。でもトルコの民芸品などが、ちょっと飾ってあったりで素敵でした。


きれいなガラスの食器。


DSC_5708.jpg



セマーの演奏者の人形。


DSC_5733.jpg




外に出ると、昨日の猫。


DSC_5736.jpg


DSC_5737.jpg



犬もどこからか、やってきました。


DSC_5774.jpg


DSC_5784.jpg



トルコの犬や猫はとてもおとなしくて、おっとりしていて、撮りやすい。


気球が見えるよと教えてもらい屋上へ。


DSC_5748.jpg



カッパドキアで気球に乗り、上空から眺めるというツアーも魅力的ですね。


DSC_5758.jpg



熱気球なので、外気が冷たい朝早くが良いとガイドさんが言っていました。



DSC_5801.jpg



屋上から下を見下ろすと、素敵な中庭が見えます。


DSC_5780.jpg



DSC_5803.jpg



私が時々見せていただいているブログ「すずちゃんのカメラ」で、すずちゃんがドアを撮るのが好きというようなことが書いてありました。ドアの写真は私も好きです、ドアの向こう側への想像力がかきたてられます。


DSC_5812.jpg




洞窟ホテルは、各部屋ごとに、様々に調度品や飾り物などに工夫が凝らされていて、確かに若い人が喜ぶ可愛さがあふれていました。

私が宿泊した部屋は少々狭かったものの、居心地はよかったのですが、友人の宿泊した部屋は窓もなく、湿気がこもり黴臭く、安眠できなかったと嘆いていました。

バルコニーに面して広い部屋もあったようで、部屋によって差があり、当たり外れがあるものだと思いました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。