スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコへの旅④

さて、エフェソス遺跡見学の続きです。


ヘラクレスの門の先、右手にはトラヤヌスの泉。三角屋根が特徴的です。当時は正面に水を蓄えた泉があり、その中央に皇帝トラヤヌスの像が建っていたそうです。


DSC_4168.jpg



気持ちよさそうに猫が寝ていました。

DSC_4171.jpg


ハドリアヌス神殿。ローマ皇帝ハドリアヌスのために捧げられた神殿です。

DSC_4188.jpg



前方正面には女神ティケ。幸運をつかさどる女神だそうです。

DSC_4201.jpg


奥にはメドゥーサが彫られています。

DSC_4204.jpg



ここにも野良猫がいました。

DSC_4213.jpg



モザイクの敷き詰められた床、お金持ちの邸宅だったとか。お屋敷の中に入るのは別料金、フレスコ画が描かれているそうです。

DSC_4184.jpg



公衆トイレ。仕切りはありません、下には下水設備があり、中央部には池が設けられています。当時はトイレが社交場だったようです。

DSC_4214.jpg



道の突き当りには巨大な建物、エフェソス遺跡の見どころ、セルスス図書館です。この地の統治者であったセルススを偲び、息子のティベリウスが建立したもので117年に完成。1万冊を超える蔵書があったそうです。

DSC_4252.jpg

4つの女性像はそれぞれ知恵、運命、学問、美徳を表しているそうです。




道路の下には下水が流れるように整備されています。ところどころにこのような穴が開けられています。


2011SC_4265.jpg



こちらは世界最古の広告です。すぐ近くにあった娼館の広告が刻まれています。


DSC_4269.jpg



少しいくと、エフェソス最大の遺跡、大劇場です。

DSC_4274.jpg




観客席は山の傾斜に沿って建てられました。25,000の観客を収容できたとのこと。東京ドームと同じぐらいの広さかと。目が回りそうになるぐらい、大きいです。


2011SC_4306.jpg



メインストリートでは昔の様子を再現したセレモニーが。

DSC_4308.jpg



出口に向かい歩いていき、ようやく大劇場の全体像を写せました。

DSC_4334.jpg



この日のランチは、チョップシシと呼ばれるトルコ料理。

DSC_4338.jpg

小さな肉が串刺しになっていて、美味しかったです。









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。