トルコへの旅②

昨日の続き、トルコ2日目です。
朝、イスタンブールからバスでトロイへ向いました。

イスタンブールはヨーロッパ側にあるので、アジア側に渡る船に乗るため船着き場へ。


2011SC_3897.jpg



船にはバスごと乗船しますが、私たちはいったん下車し、乗船。

DSC_3906.jpg


いまにも雨が降りそうな曇りだったので船内に。約一時間弱で、対岸のチャナッカレへ。

DSC_3916.jpg



またバスに乗り、途中昼食やトイレ休憩をとりながら、ようやくトロイへ。
入ってすぐに巨大な木馬。

DSC_3917.jpg


この木馬は、伝説に出てくる木馬を模して、1975年に造られたそうです。


すぐ傍に、桜に良く似た花が咲いていました。

DSC_3920.jpg



入口付近に、トロイの歴史を説明する小規模な博物館があり、中のソファーには野良猫が人々にも動じず、寝ていましたよ。


DSC_3929.jpg



トロイは紀元前3000年頃から紀元400年もの間、繁栄と衰退を繰り返しました。やがて人々からも忘れ去られ、土の中に埋まっていきました。

19世紀末に、古代ギリシャ叙情詩『イリアス』のトロイの伝説を信じたシュリーマンは、トロイの場所を突き止め発掘。8000点以上の宝飾品を発見。これら出土品は祖国ドイツに寄贈され、博物館に保存されていたが、第二次世界大戦後行方不明となり、その50年後の1996年ロシアの美術館に保管されているのが確認されている。(もちろん、ロシアは返してくれません。いつの日か、トロイに帰ることがあるのでしょうか、、、)

シュリーマンは「トロイの財宝」に目が眩み、素人なので、闇雲に掘り進み、他の時代層を破壊してしまいました。そして彼の手にした財宝は、エーゲ海交易の中心地として繁栄した第2市(紀元前2500~2200年)」時代の物で、その為に第3から5市」は崩され、其の時代の出土品が極めて少なく成りました。(と、考古学者の方々は怒っているそうです。考古学者達ははなっからそんなものないと思い込んで、発見もしなかったのに、後から文句を言ってもねぇ、と私は思いますが。)


このように、第1市から第9市まで、繁栄と衰退を繰り返し、層になっています。

DSC_3926.jpg



発掘された大きな壺と配管用の土管。壺は食物の保存に使われたそうです。

DSC_3933.jpg



第9市時代の劇場跡。

DSC_3943.jpg

小さな劇場です。でも、きちんと円形劇場の形式を守っているそうです。


Ⅱ、Ⅲ、Ⅳというプレートが各市を示しています。

DSC_3975.jpg


初期の頃の石垣は、小さな石を簡単に積み上げただけの物で、規模の大きい塀程度。
当時の集落は小さく、城壁の直径は100m前後。人口もそれ相応の数だったと思われます。住んでいた民族も、侵略して破壊した民族も誰だったのか解っていません。

かつて町の在った跡を整地して、その上に新しい町を造ります。

日本もそうです、かつて人が住んでいた、住みやすいところに、また次の世代の人が築き、住みます。
東京だって、掘り返せば、関東大震災の瓦礫が埋まっています。


井戸の跡、第8市か第9市のもの。

DSC_3952.jpg


小高い丘になっていて、このすぐ側まで海があったそうです。古代エーゲ海交易の中心地だったことに納得。


しっかりと造られた石畳の坂道。

DSC_3974.jpg


トロイの遺跡は直径約600m程の小さな城塞で、それ程大きな物ではなく、石垣ばかりです。考古学に興味のない人には、はっきり言って面白い所ではないようで、ツアーに参加している若い人が遺跡には興味がないと言っていました。

私も若いころはそうだった、遺跡には興味がなかった。でも、この年になると、栄枯盛衰を繰り返した遺跡を前にすると、感慨深いものがあります。


遺跡を覆うように生えていた草花。

DSC_3982.jpg


兵どもが夢の跡。

スポンサーサイト

コメント

ここがトロイの遺跡ですか。
素晴らしい錆び加減!美しいところなんですね。
第一市から9市までが栄枯盛衰を繰り返しバウムクーへンみたく層になっているのですね?
まさに兵どもが夢の跡…という感じです!誰も居ない遺跡の中を当時の住人達が生活している姿を3Dで脳内再生すると、楽しめそうですね~♪
桜によく似た花といい、猫ちゃんといい、日本みたいな一面もあって面白いですね。
次回も楽しみに待っております。

2011/04/12 (Tue) 13:20 | かぶだよし #LWIOhipc | URL | 編集
かぶだよしさんへ

トルコは気候が日本とほとんど同じ、ちょうど春でよかったですよ。
遠い遠い昔に思いをはせる遺跡、私はただ感心するだけですが、それでもいいと思います。

トロイだけでなく、トルコで野良犬、野良猫はけっこう見かけました。それもぎすぎすしていなくて、ゆったりと悠々自適に暮らしているので、いいなぁと思いました。

2011/04/13 (Wed) 16:59 | すずあき #NqNw5XB. | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する