クリスマスケーキ

季節外れ、というかずいぶん前の事ではありますが、去年の冬のクリスマスケーキ。


2011DSC_1825 (2)


次男がろうそくを灯し、明かりを消して、クリスマスソングを歌っているときに撮影。
後から写真をみて、こういう写真もいいなぁと。

ろうそくの火は心の中を照らすように感じます、たき火をぼーっと眺めるのと同じように。


ここ数年、毎年クリスマスには次男がケーキを買って帰宅します。
ご存知の方も多いと思いますが、次男は自閉症という知的障害者。とてもラッキーなことに働いています。
いつまで、次男がクリスマスケーキを買ってこれるかわからないけれど、いまはとても幸せ。

ろうそくの火を見ていると、ずいぶん昔、子供が小さかった頃の事までも、走馬灯のようにこころによみがえります。


この写真で、クリスマスカードをつくろうかな、、、なんて。ずいぶん先の事ね。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する