訓えられました

これも12月のことです。
次男が入っている知的障害者のサッカーチームの交流試合がありました。
場所は荒川公園サッカー場。

例年、この時期のサッカーの試合はお天気次第で、見守る私たちのつらさが違う。
今年は良かったです、お天気に恵まれラッキー、暖かった。

DSC_1760.jpg


この日、いつものゴールキーパーのI君は怪我のため欠場、臨時のゴールキーパーをY君が努めました。
そして、対戦相手は我がチームよりもかなり強いチーム。

相手の動きに我がチームの選手たちはついていけず、シュートをどんどんきめられて、試合の結果は18対0だったか、19対0だったか、見ている私たちは途中で数えるのももういいやという気持ちになりました。

でも、偉かったのはゴールキーパーのY君、最後までくさらず、文句も言わず頑張りました。

試合後、監督から閉めの一言を求められて、Y君は「僕は慣れないゴールキーパーを頑張りました。みんなも頑張ってください」と、たどたどしいながら(知的障害の子たちは言葉がたどたどしいのです)、はっきりと言い、みんなは拍手。私は感動しました。

どんなんでも、くさらずに頑張り続けること。言うは易く行うは難しです、Y君は偉い。大切なことを気づかてくれました。

時々、思いがけず、この子たちは、本当に大切なことをおしえてくれます。



この日、荒川公園だったので、小巻も一緒でした。


2011DSC_1728.jpg



ネットのこちら側はワンコ禁止。
昨日から煮込んだトン汁を卓上コンロで温めて、みんなで美味しくいただきました。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する