飛鳥文化と白鳳文化

飛鳥時代には飛鳥文化と白鳳文化という素晴らしい文化が華開きます。
ともに仏教を中心とする文化で共通点も多く、一括して説明されることもありますが、飛鳥文化は、7世紀前半の推古朝を中心とした文化を、白鳳文化は、7世紀後半の天武・持統朝を中心とした文化をいいます。

飛鳥文化は、日本最初の仏教文化で、政権の中枢にいた王族や中央豪族が、半島からの渡来人のもとで文化の担い手となりました。
造寺・造仏の技術者は主として朝鮮からの渡来人やその子孫達。また、594年に仏教興隆の詔が下されたのを受けて諸臣連達が、天皇と自己の祖先一族のために競って私寺(氏寺)を造り始めました。

その影響は,仏教以外にも儒学、医学、道教、陰陽道、暦学にもおよびギリシア・ペルシア・インドの文化が伝えられた国際色豊かな文化でもあるが、中国南北朝時代の文化的影響が色濃い。これらは中国からではなく、百済や高句麗が頻繁に交流を図ったという事情もあり、朝鮮半島を経由して伝えられました。模倣性の強さ、直訳的などと称される飛鳥文化にみられる現象は、中国や朝鮮半島の文化が短期間に大量に摂取されたためとされます。

仏教美術作品が数多く生み出され、飛鳥寺、法隆寺、法隆寺金堂釈迦三尊像、広隆寺半跏思惟像、法隆寺玉虫厨子、中宮寺天寿国繍帳などがあります。






白鳳文化の特徴は,大陸の隋・唐から直接中国文化を受容して形成された点にあり、遣唐使を派遣して、積極的な文化の受容が図られました。
この時代には,大官大寺・薬師寺などの官立寺院が設けられるなど国家仏教への移行が強まり、文化の担い手も王族や氏族から、中央集権国家づくりを進めつつあった貴族たちに代わり、国家主義的傾向が強まりました。また地方の豪族にも急速に寺院建築が広まっています。初唐文化を中心に、インドのグプタ朝の影響も伝えられ、興福寺仏頭、法隆寺夢違観音像、法隆寺金堂壁画、薬師寺薬師三尊像、高松塚古墳壁画などが代表的遺物としてあげられます。






ついこの間、奈良へ観光に行きました。飛鳥文化の仏像は、オリエンタル、お顔もアルカイックスマイルで美しいです。
白鳳文化になると、ふっくらというか、やや凹凸が減った日本人っぽい顔になって、体型もずんぐりと、、、




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する