弥生時代

弥生時代について調べると、子供向けの学習百科事典というサイトに簡単な解りやすい解説が載っていました。

紀元前4世紀から紀元3世紀ごろまでの弥生土器を使っていた約600年間。大陸からつたわった稲作や金属器の使用が広まったが、石器や木器も多くの人々に使われた金石併用時代。土器を作る技術が進歩して高温で焼かれるようになり、簡単な文様の弥生土器が生まれた。また、各地に有力な支配者が出現して小国家が成立した。

〔稲作と金属器〕

(1)稲作の開始…大陸からつたわった稲作は北九州で始まり、西日本から東日本へと広まっていった。人々は稲作に便利な低地に定住し、木製の農具を使って耕作し、石包丁などでイネの穂先をかり取り、きねやうすで脱穀するようになった。人々はたて穴住居に住み、モミなどをたくわえる高床倉庫もつくられた。静岡県の登呂遺跡では住居や水田の跡などが発見され、田下駄・機織りの道具などの木製品が出土した。

(2)金属器の使用…紀元前3世紀ごろ、大陸から青銅器と鉄器がほぼ同時につたわり、日本でも作られるようになった。銅剣・銅鉾・銅鐸・銅鏡などの青銅器は祭りなどのために使われ、鉄器は農具や木製品を作る工具、あるいは武器など実用品として使われた。

〔小国家が誕生〕
稲作がさかんになると、貧富や身分の差が生まれ、「むら」に支配者があらわれた。有力な「むら」が弱い「むら」をしたがえて小国家が成立し、紀元前後には多くの小国家が分立した。1世紀には北九州の小国家奴(な)国の王が、後漢(中国)に使いを送って、皇帝から金印をさずかったといわれる。




中国の正史『三国志』中に倭人の条があり、日本では通称、魏志倭人伝。それによると、女王は239年以降、帯方郡を通じ数度にわたって魏に使者を送り、皇帝から親魏倭王に任じられた。248年には、狗奴国との紛争に際し、帯方郡から塞曹掾史張政が派遣されている。魏志倭人伝の記述によれば、朝鮮半島の国々とも使者を交換していたらしい。

魏志倭人伝により当時の倭人の風習や動植物の様子がある程度判明しており、弥生時代後期後半の日本を知る第一級史料とされています。

【倭人社会の風俗、生活、制度など】
・「皆面黥面文身」というように男子はみな墨や朱や丹を顔や体に入れたり塗ったりしている。
・古くから、中国に来た倭の使者はみんな自らを大夫と称している。
・男子は冠をつけず、髪を結って髷をつくっている。女子はざんばら髪。
・着物は幅広い布を結び合わせているだけである。
・兵器は矛・盾・木弓を用いる。
・土地は温暖で、冬夏も生野菜を食べている。
・人が死ぬと10日あまり、哭泣して、もがり(喪)につき肉を食さない。他の人々は飲酒して歌舞する。埋葬が終わると水に入って体を清める。
・倭の者が船で海を渡る時は持衰(じさい)が選ばれる。持衰は人と接せず、虱は取らず、服は汚れ放題、肉は食べずに船の帰りを待つ。船が無事に帰ってくれば褒美が与えられる。船に災難があれば殺される。
・特別なことをするときは骨を焼き、割れ目を見て吉凶を占う。
・長命で、百歳や九十、八十歳の者もいる。
・女は慎み深く嫉妬しない。
・盗みはなく、訴訟も少ない。
・法を犯す者は軽い者は妻子を没収し、重い者は一族を根絶やしにする。
・宗族には尊卑の序列があり、上のもののいいつけはよく守られる。

【邪馬壹国のその後】
3世紀半ばの朝貢を最後に、413年の倭の五王による朝貢まで150年近く、中国の史書から倭国に関する記録はなくなる。このため日本の歴史で4世紀は「空白の世紀」と呼ばれた。邪馬壹国と後のヤマト王権との関係は諸説ありはっきりしない。

倭の五王とは、南朝の東晋や宋に朝貢した倭国の五人の王、讃、珍、済、興、武をいう。413年から478年の間に少なくとも9回は朝貢している。日本書紀などの天皇系譜から「済」→允恭天皇、「興」→安康天皇、「武」→雄略天皇等の説があるが、今のところ不確定。





縄文土器は、ほとんどが口が広くて深い形(深鉢形)をしていますが、弥生土器にはいろいろな形があります。
縄文土器には、その名の通り、縄目の模様や複雑な飾りがついています。
弥生土器には、あっさりした直線や波形の模様がついています。

●弥生土器の形は、三種類が基本で、使い方に応じてもっともふさわしい形が完成されていったことが特徴です。
壺は首が細くて長いので、煮炊きよりもふたをして穀物や液体などを貯めておく。
甕は口が大きく開いて深いので、縄文土器の深鉢と同じ煮炊き用と考えられます。
浅くて口が開く鉢や、これに台のついた高坏は食べ物の盛りつけ用。

弥生時代も終わり頃の風習を記録した「魏志倭人伝」には、高坏に盛った食べ物を手で取って食べると書かれています。

弥生時代の中頃から、同じ形の土器でも大・中・小型品がはっきりしてきます。
大型品は重いので、邪魔にならないように置いたまま使ったのでしょう。とすれば小型の壺などは持ち運び用だったと思われます。

弥生土器の文様を見ると、平面的で三角形や円形、直線や波形などの組み合わせが多い。
絵画的な縄文土器の文様にくらべて、弥生土器ではただの飾りのような文様が主流になってくるようです。

●縄文土器と弥生土器は、どちらも粘土ひもを積み上げてつくるのは同じ。ところが、最近の研究でその焼き方が違うことがわかってきました。
土器の表面にのこる、焼きムラの黒いシミ(黒斑:こくはん)のつき方は縄文土器と弥生土器で少しちがいます。縄文土器はまだら、弥生土器は大きな円形に黒くなっています。
これは、普通のたき火のように焼く方法(野焼き)と上から泥などをかぶせて焼く方法(おおい焼き)のちがいによるもの。弥生土器の丸い黒斑は地面について空気がうまく回らなかったところで、ほかはきれいに焼けています。
ちょっとしたちがいですが、この方法のおかげで弥生土器は均質(きんしつ)に硬く焼き上げることが簡単にできるようになったのです。
また、縄文文化の名残り(なごり)をのこす東北地方の弥生土器は、ふつうの野焼きで焼いたらしく、こんな所にも縄文土器の根強い伝統を見ることができます。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する