スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ディズニーシー その2

3月30日にディズニーシーの写真をアップして、この続きはまた明日と書きながら、今日はもう4月11日。
今度とお化けは出たことがない、などというけれど、私の明日もあってなきがごとし、いつかなのです。トホホ。

この間、実はいろいろなことがあり、ブログで遊んでいる場合じゃなかったことは確かなのですが、その事はまたの機会にして、ディズニーシーの写真をお披露目しなくては。(誰にじゃ! ^_^; )






アラビアンコーストのマジックランプシアターで、ジニーちゃんの『千夜一夜づけ』というギャグに思わず笑わされて、その意味の深さ二度三度笑わされまして。一夜漬けでも千夜漬けたように美味しい漬け物の元か、それとも一度漬けると千夜たっても一夜漬けの様にみずみずしい漬け物か。一夜づけの勉強でも千夜集中したほどの効果がある勉強方法なのか、、、あなたはどんな意味が思い浮かぶかな?

などどウキウキしながら、ロストリバーデルタへ。
中央アメリカの失われた古代文明、アトラクションはレイジングスピリッツというジェットコースターもインディージョーンズも2時間待ちだったので、蒸気船の船着場の方へ。


DSC_6737.jpg


蒸気船はショーの為に一時お休みなので、そこに隣接するレストランへ。
この海辺に隣接するベンチで飲んだ生ビールがとっても美味しかったのよ。


DSC_6739.jpg

中央少し右に写っている小屋は、花飾りがされていました。ブーゲンビリアと思われる造花の花飾り、これが本物の花々だったらもっと素敵だろうと思いました。



南ヨーロッパのロマンチックな港町。つくりものだけど素敵!


2010DSC_6751.jpg




橋の上に建物が並んでいて、くぐり抜けられます。


DSC_6755.jpg


帆船。次男の好きな海賊船のようです。次男はカリブの海賊が大好き、海賊に憧れています。


DSC_6757.jpg


迷路のような要塞。


2010DSC_6761.jpg




DSC_6763.jpg



扉。扉は写真が撮りたくなる素材と誰かが言っていましたが、そうよね、扉は開けたらどんな光景かと、想像力をかきたてるものね。


DSC_6765.jpg


遠くに見えるタワーオブテラー。


DSC_6768.jpg


ディズニーシーでは、かわいいクマのぬいぐるみをかかえている人をよく見かけました。
実はシーに行く数日前に、ズームイン朝で羽鳥さんがインタビューをしていて、若い女の子たちがディズニーシーのダッフィーが超可愛い、長時間並んで買うと言っていました。私はおばさんなのでそれを「へーぇ」若い女の子は、何にでもキャピキャピね、そんなものにまで、、、なんて聞いていましたが、みんなが持っているぬいぐるみをみていると確かに可愛い。
この灯台のところでお店に入店できる整理券を配っていたので、とりあえず整理券をゲット。また昼なのに入店は6時ごろとは、この不景気がどこへいったのかと。

DSC_6777.jpg


暮れなずんでから、ここにまた来て、お店に入り、私はシェリーメイという可愛い女の子のクマを買ってしまいました。
もうぬいぐるみは買わないと思っていたのにね、そのぬいぐるみを手にしたら、なぜかその子が私を離さないでといっているように思えたのです。

私が買ったシェリーメイはまた次の機会に。シーのお話しはまだ続きますよ。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。