アフリカのウガンダの写真

アフリカへ行ったのは私ではありません。私が時々パソコンのサポートをしている、盲ろうの方が今年アフリカのウガンダへいらっしゃいました。


私は6年ぐらい前から、パソコンボランティアをしています。
自閉症の次男が中学に進学し、一人で通学できるようになり、私は仕事の合間にパソコンの知識を活かしたボランティアをしようと思いました。ちょうどその時に、埼玉国体が開催されることになり、障害者のためのパソコンボランティアの養成があったのもよい切っ掛けになりました。

視覚障害者はパソコンに音声読み上げソフトをインストールして、それでパソコンを操作します。入力してある文字も読み上げ、また入力している文字も読み上げます。点も丸も、変換の漢字も何々の何という具合に読み上げます。
Wordの操作も、ファイル、上書き保存という具合に読み上げます。全盲の方は、それを聞いてパソコンを操作します。
ホームページも読み上げるのを聞いて操作します。

数年前に、母の長期入院などで、パソコンのサポートはあまり出来なくなったのですが、一人だけ継続してご自宅へ年に数回サポートにいっています。
その方は盲ろう者です。生まれたときから耳が全く聞こえません。会話は手話、文字は読み書きできます。結婚されて二人のお子さんに恵まれ、長女の方はもうすぐ結婚、長男の方は大学生。
30才を過ぎた頃から、視力が落ち弱視。耳が聞こえないので、パソコンの画面操作はズームというソフトで約3倍ぐらいに拡大して行います。パソコンのサポートの時には、手話通訳の方も一緒です。

彼女は盲ろう協会の役員さんを長らくやっていらして、メール連絡、パソコンで会報に載せる原稿を書きます。サポーターの方が同行し、会の活動にも積極的に参加され、デジカメで写真を撮るもの大好き。
全国盲ろう協会、世界盲ろう協会にも出席され、一昨年は確か北欧へ行かれました。ABCの手話も習っていましたよ。
今年はアフリカのウガンダへ行かれ、とても楽しかったとのこと。今年の年賀状はその時の写真を載せてつくりました。

私は彼女の許可を得て、ウガンダの写真をご紹介。

P1000475.jpg

これは、宿泊されたホテルだそうです。


こちらは王様のお墓。

P1000487.jpg

王様の愛用していたものが陳列されていたそうです。

091217.jpg

左上のものは、ゲームだそうです。


学校の子供たち。

P1000561.jpg


彼女は10日から、娘さんが結婚する前にもう一度アメリカの山を見に行きたいといって、一緒にアメリカへ。
ロスからバスで一昼夜だそうです。すごい!

彼女には感心させられます。何々だから出来ない、のではないのね。








スポンサーサイト

コメント

すずあきさんがパソコン先生になられた経緯、そうだったんですか。
素晴らしい方が生徒さんで、すずあき先生も負けてられませんね(^^;
と、偉そうに言ってますが、こういう方の話をきくと情けななります。
音声認識するパソコンの進化も見聞を広げてくれるし、
パソコンを学ぶことも素晴らしいですが
自分の目と足で現地に行かれ、何かを感じ取られることが素晴らしいです。 
なかなか真似はできません。 生きてる、て感じがします。 
わたしも頑張らないと!

寒くなってきたので小巻ちゃんはお洋服を着てるのね~
わたしは寒くて今日は散歩をサボりました。。

2009/12/18 (Fri) 17:58 | きみどん #Sn9RTBFM | URL | 編集
きみどんさんへ

私がパソコンを教えるようになったのは、子供のためにパソコンを買う→パソコンサークルに入会→印刷屋さんで版下をパソコンでつくるパート→パソコン講座のサブ講師(ちょうど小渕総理の時のIT革命、国民全員対象のパソコン講座での人材確保でした)
子供がボランティアの方々にお世話になる、私も何か出来るボランティアをと仕事の合間に始めました。埼玉県のパソコンボランティア登録で番号が2番なのよ、ちょっと自慢。

彼女は年に数回、海外旅行を楽しんでいます。私達よりも活動的です。もちろん、家事もしっかりとしています。目が悪い人は、見える私達よりもきれいに掃除します、目に頼れないから整理整頓もきちんとされます。

寒くなりました。霜がおりて、本格的な冬になりましたね。
チョコちゃんのセーター姿もかわいいですね。

2009/12/19 (Sat) 05:40 | すずあき #NqNw5XB. | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する