吊るし柿

わーぃ、やっと書き上げました。練習用の紙で何度も書き、それからお清書用の高い紙で3度目にて、ようやく少し解って何とか書き上げました。今の自分の腕では、これが精一杯。

先日、パソコンサークルの生徒さんのHさんから、とても嬉しい言葉を聞きました。
『先生、私できないけどパソコンが好きなの』(その方は私より年上のおばあちゃんだけど、私のことを先生と呼んでくださる)

私の書も、うまく書けないけれど好きなの、というレベルです。でも、一生懸命に丁寧に書けばそれなりに、そこらへんの印刷物よりもいいと思っている。

ようやくここまで書けるようになったので、来春は般若心経を書きたいと思っています。伯父が亡くなったのが3年前、3年前から書かなければと思っていた。姑が亡くなった時に書いた般若心経もその3年後に舅が亡くなり、これも書き直さなければ。それから、子供がお世話になった柔道会の先生。書き初めは写経かな。


     line-a-02.gif


お習字に没頭して家事は手抜きをしていたが、お出かけは別。東京の六義園へもみじのライトアップを撮影にいく予定でしたが、企画された方が体調不良で中止になったので、お習字の先生とお仲間と一緒に桶川市べに花ふるさと館に行きました。

古くからこの地にあった豪農のお屋敷が解体される際に、部材が保存され、以前のお屋敷と同様の間取りで復元されている。

今の時期、干し柿が吊るされているのではと、、、期待通り

DSC_4502.jpg

うれしい。

DSC_4509.jpg

ここでは、シルバーの方々が働いていらして、1階で手打ちうどんや手打ちそばが食べられます。美味しいのよ。


でも、今回ここに来た第一の目的は、本木雅弘君の書を見ること。2階へあがって見ました。

DSC_4536.jpg

モックンはここ埼玉県桶川市の出身、おくりびとでアカデミー賞を受賞した後、桶川市の名誉市民を受賞され、その記念に書かれたものです。

『譽郷』ほまれのさと、モックンの造語、よきょうと読むそうです。モックンの桶川市への思いが込められているとの事。

モックンの奥様は内田裕也さんと樹木希林さんの娘さん、確か19才で結婚したとか、すごいね、若くして男を見る目があったのね。


2階から見た干し柿


『郷の秋』

DSC_4547.jpg


今回は、あまり写真を撮ることに集中できなかったけれど、ちょっとピントがあまいけれど、この1枚はいい雰囲気が出たかなと。

今年はいつまでも温かいから、冬がまだのようですが、そこまで来ています。
お正月ももうすぐ、お掃除、少しずつしないと、ね。










スポンサーサイト

コメント

No title

趣味に没頭できるすずあきさん、ステキです。
わたしも少し写経に熱中した時期がありました。
継続できない性格・・なのでもうしないかも、と今回の大掃除でぼつぼつと捨て始めました。
モックンの書は力強い意思を感じます。何でもできはるねんねー

干し柿の写真は秋のような冬のような気配が感じられます。

2009/12/08 (Tue) 13:46 | きみどん #Sn9RTBFM | URL | 編集
No title

こんにちは。
干し柿、いっぱいぶら下がってますね~。
いよいよ冬ですね。

モックン、お上手です。
と言ってもここまでくると私のような素人では
上手の度合いが分かりません。
習ってた頃はお習字はお手本を見て書いていましたが
自分の字で書く!と言うのはその方の心とか出るので
しょうね。
奥がとっても深いです。

2009/12/08 (Tue) 16:10 | あんにんまま #- | URL | 編集
頑張ったのね。

もう書きあげたの~?
すごく偉いわ~。
忙しいのに作品を書くのは集中力が要るから大変だったわね。
一度見せてもらいたいなぁ~。

つるし柿、きれいね。
日本の秋~って感じがしますね。

もっくんの作品も彼らしくて豪快です。
「坂の上の雲」のもっくんもかっこいいわ~。

2009/12/08 (Tue) 22:18 | 奈々ママ #6uROITZE | URL | 編集
きみどんさんへ

趣味に没頭できるのは、贅沢なことですね。
今も戦争をしている国、食糧難、それに比べたら何と贅沢なことなのでしょうね。

きみどんさんもいろいろな趣味に没頭していて、ステキです。写真がどんどん上達していますね。

大掃除、お互いに頑張りましょう。

2009/12/09 (Wed) 17:16 | すずあき #NqNw5XB. | URL | 編集
あんにんままさんへ

お習字、確かに心が出ます、自分の下手なところ、嫌なところを目の当たりにして、恥ずかしくなることは日常。あっ、失敗したと思いながらも、それでも最後まで一生懸命に書く、修行なのです。
徳川家康は『手習いは重き荷を背負って坂道を上がるがごとし』と言ったそうですが、本当にそうだと思います。
少し上手になっても、怠けると『坂道を転がるがごとし』です。
私の場合は、先生のお人柄、おしゃべりをしながら美味しいお菓子をいただくのが楽しみで続いているのですが。

モックンの書、清々しく感じました。やはり人格が出るのでしょうね。

2009/12/09 (Wed) 17:26 | すずあき #NqNw5XB. | URL | 編集
奈々ママさんへ

自分としては一段落。見たら笑っちゃいますよ、あらこんなものなのって。
私としては一段階アップしたという達成感と満足感、でもこれでようやく入口にたどり着いたか、まだ入口にもほど遠いのか、、、

もっくんの作品、確かに豪快、そして清々しさが漂っているようでした。
坂の上の雲のもっくん、かっこいいね。シブがき隊の時には、こんなに素敵な俳優さんになるとは思わなかったわ。

2009/12/09 (Wed) 18:05 | すずあき #NqNw5XB. | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する