スポンサーサイト

ポルトガルへの旅⑫

ポルトからバスでコインブラへ行く途中、アヴェイロに立ち寄りました。この町の旧駅舎のアズレージョが見事なので、バスを降りて見学。アヴェイロの風景が描かれています。潟が内陸に大きく食い込んでいて、自然の良港として栄え、漁業も盛ん。塩田でつくられる塩も名産です。ブドウ畑。ワインが美味しい。現在の駅舎はこの建物の右側にあり、こんな面白いオブジェもありました。駅前の通りには、こんな素敵な白い建物。ピンクの花...

ポルトガルへの旅⑪

ポルトガル4日目。ホテルで朝食をすませ、バスで再びポルトの旧市街の中心へ。自由行動というとこで、私たちは世界で一番美しい書店、レロ・エ・イルマオンへ。地図を片手に歩き、この辺だけどと確かめ、この派手なシートが目的の書店。改装中だったのです。道路の反対側にチケット売り場。近年観光客が増えたため、入場料をとるようになったとのこと。€3でチケットを買い、入り口の店員さんにチケット見せて入店。書店で本を購入...

ポルトガルへの旅⑩

前回の続き、アメラダ公園から旧市街へ。建物の間をぬうように歩きました。迷路のよう。大聖堂の北側にある門。出口専用になっているようで、見学後はここから出ました。大聖堂の東側、キンターナ広場。左側の大きな建物は、サンパイオ・デ・アンテアルターレス修道院。小さな窓は48個あり、鉄格子に囲まれています。真ん中の白い十字架は半島戦争(ナポレオンとの戦い)の戦死者を祀ったものだそうです。免罪の門。門の中央の像は...

ポルトガルへの旅⑨

サンティアゴ・デ・コンポステーラの駐車場でバスを降り、駐車場にある売店でここの名物、おっぱいチーズ(形がおっぱいに似ているからそう呼ばれているそうです)を買いました。お店の方は親切で、見学後にまたこの駐車場へ戻るので、それまで冷蔵庫で預かってくれました。旅の途中は保冷バックに入れ、日本に持って帰りました。中がトロッとしていて、癖もなく食べやすく、とっても美味しいチーズ。大きかったけれど、毎日飽きず...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。