イギリスの旅⑬ 大英博物館Ⅱ

大英博物館のギャラリー・カフェでの昼食後、グレート・コートの奥、ウェルカム・トラスト・ギャラリーへ。イースター島のモアイ像。年代BC1400年頃。当時の人々が先祖を祀るためにつくられたと考えられています。背中には、3カ所に鳥の姿が描かれていて、当時の鳥人信仰の現れだといわれています。鳥人とは、宇宙・万物創造の神マケマケを具人化した表現。モアイ像まで持ってきちゃったの、と思いましたが、現地でも破壊されたモ...

イギリスの旅⑫ 大英博物館Ⅰ

憧れの大英博物館にようやく到着。多くの人で賑わっていました。中に入ってすぐ右側には、ビンテージ品のレプリカを販売しているお店(とても高価なので心惹かれず)。左側はクローク、お土産物屋さん。直進すると、グレートコート。円形の閲覧室を囲むかたちで丸い屋根、2000年の大改築の際に新たに作られたエリアです。ここに館内インフォメーションやマルチメディアガイドの貸し出しカウンター、お土産ショップやカフェなどもあ...

イギリスの旅⑪ セルフリッジスとオックスフォードストリート

イギリス3日目の朝、宿泊のホテルでイングリッシュブレックファーストをいただき、ロンドンのデパート、セルフリッジズへ行きました。日本橋の高島屋か三越かといった感じのデパートです。1階はブランド品が豊富にありました。お目当ては友人から頼まれたチョコレート、地下1階へ。素敵なチョコレート専門店で、ばらまきおみやげにちょうど良いコインチョコがあり購入。美しい顔が描かれているカップやお皿の売り場。他にもいろ...

イギリスの旅⑩ 食虫植物

チェルシーのフラワーショーで、私が最高に感動したのは、このブース。食虫植物です。私は子供の頃、この不思議な植物に心惹かれ、モウセンゴケを買いましたが、育てられず。これらの植物は湿地に生息するため、適度な温度と湿度を保たねばならず、たまに温室でみかけますが、こんなに美しいのは初めて見ました。心の中の指針がマックス状態になりました。海の中のウミウシが海から上がって植物になったよう。大きく口を開けて、コ...

イギリスの旅⑨ チェルシーのフラワーショー

ロンドン2日目の夕方、チェルシーのフラワーショーを見に行きました。イギリス、王立園芸協会(RHS)が主催し、毎年5月にチェルシーで開催されるガーデン・ショーです。一緒に行ったUさんが、あらかじめ日本で、夕方からのチケットを購入してくれました。花がとても大きいのに驚きました、このクレマチスは一つの花が直径20㎝以上ありました。見事です。ガーデン用品を扱っているブースが並んでいて、ここはガーデンに置く動物の...

イギリスの旅⑧ ロンドン塔とタワーブリッジ

ようやく読売書法展への作品の提出が終わり、良くも悪くも今回はここまで、ということで。我が家の庭を何とかせねば、頑張って。といいながら、この忙しい時期に、Iphoneのセールに遭遇、この機を逃してはと携帯電話の機種編、乗り換え。ふ~(-"-)。というわけで、少し間が空きましたが、イギリスの旅の続き。ロンドン2日目の午後(まだ2日目です(^_-))、ロンドン塔へ。地下鉄タワーヒル駅で下車すると、目の前にロンドン塔。建...

イギリスの旅⑦ テムズ川のリバーサイド

ロンドン2日目の昼食後は、テムズ川沿いを散策。鉄橋は人も渡れるように、歩道がついています。お天気も良く、リバーサイドは結構な人出。私たちが歩いたのは、川の河口に向って右側。対岸にはレンガ造りの古い建物が並んでいます。左の方の丸い屋根はセントポール大聖堂。リバーサイドにはレストランも多く、のんびりと景色を眺めながら、昼食をとっている人々で賑わっていました。ミレニアムブリッジ。その名の通り、ミレニアム...

イギリスの旅⑥ ロンドン・アイ

今日も雨降り、よく雨が降ります。梅雨だからしかたないのでしょうが、それにしてもよく振ります。イギリスの旅の続きです。ロンドン2日目の午前の予定は、ロンドン・アイに乗ること。ハイドパークから、地下鉄を利用してウエストミンスター駅へ。ロンドンは地下鉄が便利、東京のようです。といっても乗り慣れないので、最初は四苦八苦。切符を買うのも大変です。料金はゾーン制、ロンドンの中心部がゾーン1、外側に行くにしたが...

イギリスの旅⑤ ハイドパークのガーデンと騎兵隊

ハイドパークの出口、ハイドパークコーナーの手前には、花々がたくさん植えられていました。バラが満開です。イングリッシュガーデンでは、紫の大きなアリウムをよくみます。デルフィニューム。ピンクのトラノオ。とにかく大きくて立派。我が家の庭も、こんな感じにしたいのに、なかなかうまくいきません。再び満開のバラ。ガーデンの足元を飾る小さな花、なんという花なのかしら、心惹かれました。地下鉄に乗ろうとハイドパークか...

イギリスの旅④ ハイドパーク

前回の続き、ハイドパークの水鳥たちです。スワンは美しい。カモ。ハトとカモメもいました。サギの一種かと。スワンの親子。みにくいアヒルの子を思い出します。スワンの雛は黄色くないのよね。池の向こう側にあるレストラン。小さなグラジオラスのような花の植え込みをよく見かけました。ハイドパーク内は、馬の散歩道があります。馬が来ないかなと思っていたら、出口近くで発見。カッコイイ! イギリス人は背が高くて、痩せてい...

イギリスの旅③ ホテルからハイドパークへ

イギリス2日目、朝です。宿泊した部屋は5階、窓からの眺めです。屋根の上に小さな煙突が並んでいるのが、何とも可愛い。各部屋の暖炉の煙突だそうです。ロンドン市内では現在、暖炉で薪を燃やすのは禁止されているそうで、過去の遺物です。ヨーロッパは古い家屋を大切に使い続ける、石の家だからできるのでしょうが、古いものに手を入れて大切に使うことは見習いたいものです。ホテルの地下一階のダイニング。ここで毎朝、朝食を...

イギリスの旅②

ロンドンではパディントン駅近くのホテルに三連泊しました。ADAREホテルです。5、60メートルぐらい横に長い建物は、小規模のホテルの集合体となってます。私たちが宿泊したのは最上階の部屋、エレベーターはなし、なのでトランクを運び上げるのに一苦労しました。夜9時近くなっても、まだ明るい。ロンドンの夜景を楽しもうという事で、外出。タクシーも素敵に見えます。ロンドンは地下鉄が便利。パディントン駅のホームです。タワ...

イギリスの旅①

一昨日、イギリスから帰ってきました。今回の旅はツアーではなく、友人Aさんのお誘いでのフリー旅行。Aさんと友人のUさん、私と次男の4人での旅行。ハプニングありありの楽しく大変な旅でした。いっぱい写真を撮ってきました、少しずつアップしていきます。5月22日早朝、成田空港へ向います。Aさんと私と次男は、日暮里から京成電鉄を利用した方が片道約1,800円ほどでお安いのですが、乗り換えなど大変なので、大宮から直通の...