スポンサーサイト

トルコへの旅⑬

トルコ旅行7日目の朝、イスタンブール駅からバスに乗り、市内へ向います。旅に出ると、美しい景色にも感動しますが、たくましく働いている人を見ると、またとても感動します。朝、出勤時間なので、ラッシュアワー。都心へ向かう車で道路は渋滞しています。日本と同じ。その車の間をぬうようにして、パンとミネラルウォーターを売る人、この排気ガスがいっぱいのところのパンを買う気にはなれないけれど、たくましさに感動。日本だ...

トルコへの旅⑫

前回の続き、トルコ旅行6日目の昼食後、陶器のお店に案内されました。実演です。ろくろを回す職人の右にいる方(私がうさん臭そうな人と言ったら、隣にいた友人にとてもうけました)が、先生は蓋を寸分たがわずに作りますと、とても自慢げに語っていました。が、それは職人にとってはあたりまえ、できなくてどうする、日本の万古焼などの急須を作る職人の方がずっとすごいぞ、というのが私の感想。絵付けしているところも見学しま...

トルコへの旅⑪

トルコへの旅6日目、カッパドキアです。午前中はオプションで、ギョレメ野外博物館観光。ギョレメとはトルコ語で「見てはならないもの」という意味だそうです。見てはならないものを公開しているの?ギョレメ、ギョロメ、言い間違えそうです。4世紀ごろ、ローマ帝国の迫害を受けたキリスト教徒たちはカッパドキアに隠れ住みます。キリスト教は、やがてローマ帝国で公認されますが、その後も純粋な信仰に生きる教徒たちはこの地で...

トルコへの旅⑩

旅行6日目の朝です。洞窟ホテルはそれまで泊まったホテルに比べると小規模なので、レストランもそれほど広くありません。でもトルコの民芸品などが、ちょっと飾ってあったりで素敵でした。きれいなガラスの食器。セマーの演奏者の人形。外に出ると、昨日の猫。犬もどこからか、やってきました。トルコの犬や猫はとてもおとなしくて、おっとりしていて、撮りやすい。気球が見えるよと教えてもらい屋上へ。カッパドキアで気球に乗り...

トルコへの旅⑨

トルコへの旅、5日目の昼食後、カイマルク地下都市を見学しました。バスを降りて、土産物屋が並ぶ道を歩いて、入口に向かいます。さっそく内部に入ると、いくつもの部屋がアリの巣のように繋がっています。複雑に入り組んでいます。カッパドキアには多くの地下都市が存在するそうです。6~9世紀にこの地に住むキリスト教徒たちが、しばしば侵入してくるアラブ系民族の脅威から逃れるために造ったものとされています。普段は地上...

トルコへの旅⑧

カッパドキアの鳩の谷から、トルコ絨毯のお店に行きました。トルコ絨毯屋さんに入ると壁の両脇に、様々なトルコ絨毯が飾られています。トルコ絨毯がどのようして織られているかの工程を見学させてくれます。トルコ絨毯といえばトルコが誇る芸術品!絨毯の織り方には一重結びと二重結び(ダブルノット方式)の2通りがあり、二重結びの織り方をしているのはトルコの絨毯だけだそうです。結び糸を縦糸に2重にかけるために丈夫にできて...

トルコへの旅⑦

トルコ旅行、5日目、コンヤからカッパドキアへ。朝、ホテルを出発して間もなくの光景。宿泊したホテルはコンヤの郊外に新しく建てられた高層ホテル、郊外はこのようなマンションが立ち並んでいます。トルコの大きな町の郊外では、どこも建設中のマンションの建設をよく見ました。トルコは人口増加が著しかったそうです。今は増加はすこし緩やかになったそうですが。少し走ると、昨日と同じ様な田園風景がひろがり、それが延々と続...

トルコへの旅⑥

トルコ4日目、午前中パムッカレ観光後、バスに乗りコンヤに向かいます。トルコの旅は毎日バスに5時間ぐらいのっての移動が続きます。ただ広い広い大地が続きます。中央に小さな点の集まりのように見えるのは羊たちと羊飼い。緑は小麦。茶色い大地はこれからヒマワリの種を植えるとか。でも、人々の姿はほとんど見えず。ようやく、作業をする農民を発見。また、しばらく、平原が続きます。パソコンのデスクトップの壁紙によさそう...

トルコへの旅⑤

エフェソスの遺跡群には、アルテミス神殿もあります。ギリシャ神話の狩猟の女神アルテミスが祀られている壮麗な神殿で、世界の七不思議のひとつ。世界の七不思議というのは子供の頃、言葉の響きだけでもわくわくしました。ギザの大ピラミッド、バビロンの空中庭園、エフェソスのアルテミス神殿、オリンピアのゼウス像、ハリカルナッソスのマウソロス霊廟、ロードス島の巨像、アレクサンドリアの大灯台。その一つを見ることがようや...

トルコへの旅④

さて、エフェソス遺跡見学の続きです。ヘラクレスの門の先、右手にはトラヤヌスの泉。三角屋根が特徴的です。当時は正面に水を蓄えた泉があり、その中央に皇帝トラヤヌスの像が建っていたそうです。気持ちよさそうに猫が寝ていました。ハドリアヌス神殿。ローマ皇帝ハドリアヌスのために捧げられた神殿です。前方正面には女神ティケ。幸運をつかさどる女神だそうです。奥にはメドゥーサが彫られています。ここにも野良猫がいました...

トルコへの旅③

トルコ3日目です。朝食はホテルのレストランでバイキング。旅行中、朝食はいつも宿泊したホテルでバイキングでした。どこもパン、ヨーグルト、野菜も美味しく、ソーセージも私好みで美味しかったです。チーズも豊富、それからオリーブの実を毎食いただきました。(日本ではそれほどお馴染みではなく、高くて、あまり食べなかったけど。)トルコは自給率100%の国とのこと、食が安定しているからか、人々はぎすぎすしていないよ...

トルコへの旅②

昨日の続き、トルコ2日目です。朝、イスタンブールからバスでトロイへ向いました。イスタンブールはヨーロッパ側にあるので、アジア側に渡る船に乗るため船着き場へ。船にはバスごと乗船しますが、私たちはいったん下車し、乗船。いまにも雨が降りそうな曇りだったので船内に。約一時間弱で、対岸のチャナッカレへ。またバスに乗り、途中昼食やトイレ休憩をとりながら、ようやくトロイへ。入ってすぐに巨大な木馬。この木馬は、伝...

トルコへの旅①

昨晩、トルコへの旅から帰ってきました。とっても楽しい旅でした。写真をいっぱい撮ってきました。整理しながら、ブログにアップしていきます。出発したのは3月30日、成田空港から、大韓航空0706便。9時25分、定刻通りに出発し、約2時間半でソウルの仁川(インチョン)国際空港へ。イギリスの建築家テリー・ファレルが大型船舶の帆をイメージして設計したとのこと、流美なデザインが特徴だそうです。乗り換えのため、約...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。