スポンサーサイト

気仙沼へ家族旅行⑤

家族旅行最終日は、気仙沼のお魚屋さんでカツオとホヤを買い、発泡スチロールの箱にたくさんの氷を入れてもらい車に積み込み、それから内陸に向い、岩手県平泉の中尊寺へ。中尊寺の表参道。道の両側には、樹齢300~400年ほどの杉の並木が続きます。8月夏休み最後の連休だからでしょう、駐車場もいっぱいで駐車に時間がかかるぐらい結構な人出で賑わっていました。中尊寺は嘉祥3年(850)、比叡山の高僧円仁によって開山されたと...

気仙沼へ家族旅行④

気仙沼のお姉さん家の建っている高台の下は大理石海岸。早朝、散歩がてら海岸まで行きました。雑木林の中を歩きます。小巻は大喜び。超楽しそうで、ルンルンです。道を下り海岸へ。その名の通り、大理石です。明治四十年、浅野セメント創始者・浅野総一郎氏がこの地を訪れ大理石の優れた性質を見て「イタリア産大理石を凌ぐ」と絶賛。 浅野セメントはその後約十年間に渡り採掘を続けましたが、岩石を積む船の接岸が容易ではなく、...

気仙沼へ家族旅行③

気仙沼から車で海岸沿いを北上。海の側の平地は、津波の被害にあったところで、今は瓦礫が片づけられいる状態。自然の力というのは、とてつもなく大きいもので、人は風に巻き上げられるビニールのように、あっけなく全てを失ってしまうものだと感じ入ります。そして、また新たに盛り土の工事をしています。こんな光景をあちこちで見ました。この鉄筋コンクリートの建物は、倒壊しなかったけれども、4階まで海水につかり、いまは誰...

気仙沼へ家族旅行②

前回の続きです。塩釜港から船に乗り3つ目、石浜で下船。徒歩30秒ほどで、夫の実家。松島湾で海苔と牡蠣の養殖をしていました。何年も前に両親は亡くなり、家はそのままになっていました。北日本大震災では津波の災は床下浸水ぐらいで、家は残りましたが、地震の揺れはひどく、扉の開け閉めが出来ない状態で、自治体にお願いして撤去、空地となりました。ここに家が建っていました。奥には蔵まであって、人が3人ぐらい入れる大き...

気仙沼へ家族旅行①

すっかりご無沙汰しました。暑い暑い、残暑厳しい夏でした。その間、嬉しいこと悲しいこと、いろいろありましたが、忙しさを理由に、ブログに書くこともせず。今日から何回かは、8月に、マイカーで家族旅行、4人と1匹、小巻ちゃんも一緒に東北旅行へ行ったことを載せようと思います。旅の目的は仙台の松島の桂島へのお墓参りと、気仙沼のお姉さんのお宅訪問。9時半塩釜港発の定期便の船に乗る予定で、出発は8月22日の午前3時...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。