スポンサーサイト

謙慎展

1月末に書展『謙慎展』に出品、先日成績表が送られてきました、褒状をいただきました。21日に観に行きました。池袋。池袋サンシャインの文化館にて開催。私の作品。ガラスのケース内に展示されているので、写真に撮ると、天井の蛍光灯が写り込んでしまいます。『こころざし ふかくそめてし おりければ きえあへぬゆきの 花とみゆらむ』『はるかすみ たてるやいづこ みよしのの よしののやまに 雪はふりつつ』名前と住所を...

読売書法展

先月の末、読売書法展を見に行きました。乃木坂の新国立美術館へ。すばらしい作品にため息をつきながら、写真を撮らせていただきました。私の作品は古今和歌集の春の歌です。かなは読めないとよく言われますが、見て美しいと感じればいいのです。でも読めるとなお楽しい。『はるかすみ たてるやいつこ みよしのの よしののやまに 雪はふりつつ』『きのつらゆき』『かつみたち このめもはるの ゆきふれは はななきさとも は...

謙信展へ行ってきました

昨日、謙信展へ行ってきました。池袋のサンシャインと上野の都美術館の2会場での展示。私の作品はサンシャインに飾られました。恋の歌を23首書きました。貫之吉野川岩波高く行く水のはやくぞ人を思ひそめてし藤原よるかの朝臣たれこめて春のゆくへもしらぬまに待ちし桜もうつろひにけりさつき待つ花橘の香をかげば昔の人の袖の香ぞする夏山に鳴くほととぎす心あらばもの思ふわれに声な聞かせよけさきなきいまだたびなる郭公花た...

第30回読売書法展

昨日、乃木坂の新国立美術館へ、読売書法展を見に行きました。入選した私の書です。伊勢さつきこばなきもふりなむほととぎすまだしきほどのこえをきかばやそせいほととぎすはつこえきけばあじきなくぬしさだまらぬこひせらぬはたよみひとしらずほととぎすなくこえきけばわかれにしふるさとさへぞこひしかりける貫之さみだれのそらもとどろにほととぎすなにをうしとかよるただなくらん12枚の和紙に和歌を2首から3首書き提出。そ...

一水展

昨日、大崎のギャラリーで開催されている「一水展」を見に行きました。私の書の先生の先生、師田先生が主催されている会の書展。たくさんの素晴らしい作品を鑑賞しました。特に今回、心惹かれたのは師田先生が扇に書かれた作品。かささぎの 渡せるはしに おく霜の 白きをみれば 夜ぞふけにける大江千里  月みれば ちちじものこそ 悲しけれ わが身ひとつの 秋にはあらねど花の色は うつりにけりな いたずらに わがみよ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。