スペインへの旅6 トレドのカテドラル

前回の続き、トレドのカテドラル、スペイン・カトリックの総本山です。鐘楼の高さは90m。免罪の門。イスラム支配時代のモスク跡に、フェルナンド3世の命によって1226年に建築が始められ、1493年に完成。その後、時代に応じて増改築され現在に至っているそうです。カテドラル前の広場には人々が集まり、レトロな回転木馬もありました。中に入り、まず目に留まるのは、高い天井からつりさげられた香炉。そして、とても高い天井に美...