2017京都へ①

書道展の前、3月は新車購入で頭を悩ませ、興奮していました。20年乗ったマイカー、エスティマは故障もなく、よく走っていましたが、買い替えを考え始め、車検が5月だったので、それに合わせてと、2月中頃、バイパス沿いのトヨタの販売店を訪れました。燃費の良さを最重要として、新型プリウスを希望しました。オプションをつけて、ざっと320万円、各ディーラーとも300万円まではすぐに値引きしてくれましたが、そこからどれだけ...

清風会書道展

前回のブログの更新から、はや3カ月あまり。この間、じっさい忙しかったこともあるけれど、パソコンの前に座ることよりも、楽しいことがあったから。その一つが、書。我が子が小学生のころから、およそ20年習い続けているお習字教室の展覧会が4月に開催されました。ここ蓮田市に、昨年秋にようやく設立された文化会館、ハストピアのギャラリー。新しいから、会場は真っ白できれい。案内のハガキや、この目録も私が印刷しました...

2017テーブルウェアフェスティバル⑤

前回の続きです。テーブルウェア大賞、オリジナルデザインとテーブルコーディネート。博士の愛したディナー壁には六角形の化学式が描かれていました。水紋お花見会風薫る五月SUSHI PARTYこの織部のお皿とぐい飲み、素敵でした。敬老の日を祝う蛍記念日~かわらぬ友情に乾杯~ちょっと一休みしましょこんな面白かわいい酒器をみつけました夫婦でゆったりお家カフェすっきりした市松模様が映えます最後は展示販売コーナーで、お買い...

2017テーブルウェアフェスティバル④

日本の陶磁器のコーナー、世界に誇れる鍋島、伊万里焼です。日本の陶磁器はやっぱりいいと思います。海外旅行へ行って、陶磁器を見ると買いたくなるのですが、日本の陶磁器の方がいいと思ってしまい、結局買えずです。とはいえ、洒落たお料理が作れなければ、この食器を活かすことはできません。そこまでの腕がないので、これほどの食器はなかなか買えません、もちろん財政的にも無理なのですが。黒いチューリップの曲線も素敵。至...

2017テーブルウェアフェスティバル③

前回の続きです。家具、インテリアが北欧ブームゆえか、今年の展示は『Lifestyle~北欧DESIGN』と題された区画があり、入り口の外側に飾られていたテーブル、ロイヤルコペンハーゲン。デンマークの陶磁器メーカー。絵付けはすべて手描きで、ブルーフルーテッドは、1775年にロイヤル コペンハーゲンが開窯して間もなくの工房にとって、最初のパターンとなり、現在まで継承されているそうです。ブルーフルーテッドの絵柄の起源は中国...