FC2ブログ

南イタリアへの旅14 シラクーサ オルティージャ島

シラクーサのネアポリス考古学公園の見学後は、バスでオルティージャ島へ向かいました。島の手前で下車。雨の中を歩き、サンタルチア橋を渡り、オルティージャ島へ。19世紀後半に本島と橋で結ばれたそうです。堤防には船が定着。ヨットハーバー。雨なので、海の色がイマイチでしたが、海沿いの町っていいなぁと思いました。大きな石壁に開けられた門をくぐり、街中へ。路地にはオシャレなお店が並んでいます。戦後荒廃していたオル...

南イタリアへの旅13 シラクーサ ネアポリス考古学公園

ツアー5日目、タオルミーナからバスでシラクーサへ南下、約123kmの移動です。この日は残念なことに雨降り。シラクーサは、ギリシャ時代にアテネと同じぐらい繁栄したと言われ、天才数学者アルキメデスを生んだ町です。古代ローマ時代に征服された後も、9世紀のアラブ時代になり、パレルモが首府になるまでは、シラクーサがシチリアで最も重要な町でした。太宰治の小説「走るメロス」の舞台となった町だそうです。ネアポリス考古...

南イタリアへの旅12 カルタジローネ

ツアー4日目の午後、ピアッツァ・アルメリーナからカルタジローネへバスで移動。約36km。途中の田園風景。ほどなくカルタジローネに到着。シチリアの内陸のカルタジローネは、陶器の街として有名です。良質の粘土が採れることから、アラブ人がこの地に陶器製造の拠点をつくり、15世紀にスペインからマヨルカ焼きの影響を受けて、青・緑・黄色をベースにした特徴的な陶器生産をする街として有名になりました。カルタジローネは、花...

南イタリアへの旅11 カサーレの別荘

ツアー4日目、ホテルで朝食をすませ、専用バスでシチリア内陸部のピアッツァ・アルメリーナへ。約164kmの移動です。途中の風景。羊が放牧されています。田園風景っていいですね。約2時間半で到着。カサーレの別荘の遺跡を見学。入ってすぐに見えてくるのは浴場群。ボイラー室が3つもあります。ボイラー室に続く円形の部分が浴場。サウナ風呂のようなものですね。浴場。この石板の下をボイラーで熱せられた熱気が充満し、サウナ...

南イタリアへの旅10 パレルモ散策4 マルトラーナ教会

マルトラーナ教会。ファザードは16世紀のバロック様式。現在は使われていないので、出入りは右側の鐘楼の下から。ちょっとわかりにくかったです。一歩中に入ると、外から想像できないくらい、きらきら綺麗。当時の王ルッジーロ2世がキリストから王冠を授けられる場面が描かれている壁画。海岸提督ジョルジョ・ディ・ダンティオキアが亀のようになって聖母マリアの足元にひざまずく姿。金色のモザイクで、とてもきれいでした。この...